[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界の6位サニブラウン、夢の100mメダルは「そのうち」 近づく1位との距離「9秒9台前半か8台は出る」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、男子100メートル決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が10秒04(無風)で6位に入った。2大会連続で決勝に進出する日本人初の歴史的快挙。日本陸上界を牽引する24歳が、世界の猛者たちとともに駆け抜けた。ノア・ライルズ(米国)が今季世界最高9秒83で金メダルを獲得した。

世界陸上・男子100メートル決勝で6位となり笑顔でポーズをとるサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子100メートル決勝で6位となり笑顔でポーズをとるサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、男子100メートル決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が10秒04(無風)で6位に入った。2大会連続で決勝に進出する日本人初の歴史的快挙。日本陸上界を牽引する24歳が、世界の猛者たちとともに駆け抜けた。ノア・ライルズ(米国)が今季世界最高9秒83で金メダルを獲得した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 サニブラウンが堂々の走りで世界の6位になった。8レーンから飛び出し、ライルズらに先行を許しながら懸命に食い下がる。終盤も失速することなくゴールに飛び込んだ。タイムは10秒04で6位。しかし、レース後の本人は悔しさを露わにした。

 中継局のインタビューで「いやぁ、マジで悔しい」と第一声。続けて「悔しい」を連呼した後、記者エリアでも第一声は「いやぁ、悔しいですね」が第一声だった。さらに「やっぱりダメダメだったかなと思います」と反省が口をついた。

 昨年はタイムで拾われて決勝進出だったが、今年は組2着の着順で堂々の通過。「去年よりは1ステップ上がったかなと思います」と胸を張り、メダルとの距離感については「まあ1位に近づいてるんで、そのうち(笑)」と確かな手応えを得た。

「メダルが懸かっていますけど、今年は準決勝を抜けたところで、『陸上競技を楽しもう』というのが自分の課題だった。こういうところでしっかり揃えてくれる人たちがやっぱりメダルを獲りますし、勝つんだなっていうのを今年も再確認しました。こういう大舞台で練習でやってることがいかに出せるか。それが鍵になってくる」

 特に課題は40~60メートルの繋ぎ。体が立ち、失速に繋がったことで上位と引き離された。これができれば、「9秒90台前半か80台は出ると思います。しっかり組み立てて抜けてこれれば」とメダルへの道筋が現実的なものとして見えてくる大会となった。

 前日の予選は今季ベスト10秒07(向かい風0.4メートル)の組1着、全体9番手。東京五輪金メダリスト、マイセル・ヤコブス(イタリア)らを抑え、最後に流す余裕を見せながら4大会連続の準決勝進出を決めていた。準決勝は自己ベストに並ぶ9秒97(追い風0.3メートル)で1組2着、全体6番手。昨年大会の予選以来4度目の9秒台を叩き出し、タイムではなく着順で2大会連続の決勝進出を果たした。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集