[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、2大会連続100m決勝進出の歴史的快挙! 準決9秒97組2着、着順で堂々ファイナリスト【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は20日、男子100メートル準決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が自己ベストに並ぶ9秒97(追い風0.3メートル)で1組2着。着順で2大会連続の決勝進出の快挙を果たした。上位8人で争う決勝は、同日午後7時10分(日本時間21日午前2時10分)に行われる。

世界陸上・男子100メートル準決勝1組で快走するサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
世界陸上・男子100メートル準決勝1組で快走するサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は20日、男子100メートル準決勝が行われ、昨年大会で日本人過去最高の7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(東レ)が自己ベストに並ぶ9秒97(追い風0.3メートル)で1組2着。着順で2大会連続の決勝進出の快挙を果たした。上位8人で争う決勝は、同日午後7時10分(日本時間21日午前2時10分)に行われる。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 サニブラウンが歴史的快挙をやってのけた。スタートも遅れることなく出ると、中盤以降はズラリと並んだ世界の強豪に競り勝ち、ノア・ライルズ(米国)の9秒87に次ぐ2着でゴールに飛び込んだ。自己ベストに並ぶ9秒97。タイムではなく着順で自動的に100メートルファイナリストを決めた。

 前日の予選は今季ベスト10秒07(向かい風0.4メートル)の組1着、全体9番手。同組3着だった東京五輪金メダリスト、マイセル・ヤコブス(イタリア)らを抑え、最後に流す余裕を見せながら4大会連続の準決勝進出を決めていた。

 昨年オレゴン大会は予選で向かい風0.3メートルながら9秒98をマーク。自己ベスト9秒97を出した2019年6月以来、自身3度目の9秒台だった。さらに準決勝は10秒05(向かい風0.3メートル)で同種目日本人初の決勝進出。1983年から始まった世界陸上で歴史的快挙を達成し、決勝は10秒06(向かい風0.1メートル)の7位入賞だった。

 今季は6月の日本選手権決勝で左脚がつり、まさかの最下位(8位)。7月は世界最高峰のダイヤモンドリーグなど欧州のレースを転戦し、同月20日に10秒09をマーク。ワールドランキングで代表権を手にしたが、大会直前にブダペスト入りの飛行機でロストバゲージを経験するなど、思わぬアクシデントに見舞われていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集