[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス18失点、拙守&投壊で日本ファン絶望「さすがに見てられない」「目離した隙にぼこぼこ」

米大リーグ・エンゼルスは19日(日本時間20日)、レイズとのダブルヘッダー第2戦に臨んだ。6回までに大量13失点。早々に厳しい展開となり、最終的には今季ワーストの18失点を喫して敗れた。日本ファンは「さすがに今日は見てられないやつ」「目を離した隙にぼこぼにされていた」と絶望していた。

レイズとのダブルヘッダー第2戦に先発したサンドバル【写真:ロイター】
レイズとのダブルヘッダー第2戦に先発したサンドバル【写真:ロイター】

レイズ戦は一方的な展開に

 米大リーグ・エンゼルスは19日(日本時間20日)、レイズとのダブルヘッダー第2戦に臨んだ。6回までに大量13失点。早々に厳しい展開となり、最終的には今季ワーストの18失点を喫して敗れた。日本ファンは「さすがに今日は見てられないやつ」「目を離した隙にぼこぼにされていた」と絶望していた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 中盤で試合がほぼ決してしまった。守備にほころびが生じたのは2点を追う5回の守備。先発サンドバルが打者2人を打ち取り、2番アロザレーナもなんでもない中飛でチェンジかと思われた。しかし、打球を見失ったのか中堅手アダムスがグラブに当てながらも落球。この後4連打を浴び、一挙4点を失ってしまった。アダムスは7回にもまずい守備で走者を進めてしまった。

 さらに6回、2番手バリアが炎上。2本の本塁打を浴びるなど一挙7失点で、13-1と大量リードを奪われてしまった。7回にも2ランを浴びて15失点。3番手ハーゲットも2失点し、9回には野手登録のエスコバーが登板。1点を失い、今季ワーストの18失点となった。4-18でエンゼルスが敗れ、X(旧ツイッター)上の日本ファンはもはや絶望した様子で「さすがに今日は見てられないやつ」「目を離した隙にぼこぼにされていた」「酷い負け方」「あとはオオタニサンの個人タイトルだけだな」などと投稿されていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集