[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子3000m障害、砂田晟弥が不運な転倒で11着「隣の選手の足が絡まった。頭の中が真っ白で…」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上が19日、ハンガリーで開幕。男子3000メートル障害は予選が行われ、予選1組で青木涼真が組5着、同3組で三浦龍司が組4着となり、決勝進出を決めた。一方、同2組では砂田晟弥が不運な転倒。11着で決勝進出はならなかった。取材に応じ「頭の中が真っ白で、何も考えられない状態」と転倒の瞬間を振り返った。

男子3000メートル障害の砂田晟弥【写真:Getty Images】
男子3000メートル障害の砂田晟弥【写真:Getty Images】

ブタペスト世界陸上

 陸上のブダペスト世界陸上が19日、ハンガリーで開幕。男子3000メートル障害は予選が行われ、予選1組で青木涼真が組5着、同3組で三浦龍司が組4着となり、決勝進出を決めた。一方、同2組では砂田晟弥が不運な転倒。11着で決勝進出はならなかった。取材に応じ「頭の中が真っ白で、何も考えられない状態」と転倒の瞬間を振り返った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 砂田はスタート直後に先頭に出るなど果敢な姿勢を見せる。しかし、残り3周手前の障害を飛び越えようとしたところで他国の選手と接触。転倒し、大きく離されてしまった。その後も懸命に走るも11着で、決勝進出はならなかった

「悔いが残る」と取材に応じた砂田は「隣の選手の足が絡まって、そこでこけてしまった。後半1500以降のペースアップでこけて、対応できなかったのはターニングポイントでもあり、課題でもあると思う」と振り返った。

 転倒の瞬間は「頭の中が真っ白で、何も考えられない状態」と回顧。「転倒で、上げたいところで上げられなかったのが悔しい。来年のパリ五輪も予選に出るだけじゃなく、決勝進出を目標にしていきたいと感じた」と語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集