[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6年ぶりメダルなし屈辱の男子20km競歩 王者・山西「弱すぎ…由々しき事態」池田「申し訳ない」

ブダペスト世界陸上が19日、ハンガリーの同地で開幕した。全競技を通じて最初に行われた男子20キロ競歩では、古賀友太(大塚製薬)が1時間19分2秒で日本人最上位の12位だった。前回銀メダルの池田向希(旭化成)が1時間19分44秒で15位、3連覇を狙った山西利和(愛知製鋼)は1時間21分39秒と苦しいレースで25位に終わった。

男子20キロ競歩の山西利和【写真:Getty Images】
男子20キロ競歩の山西利和【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上が19日、ハンガリーの同地で開幕した。全競技を通じて最初に行われた男子20キロ競歩では、古賀友太(大塚製薬)が1時間19分2秒で日本人最上位の12位だった。前回銀メダルの池田向希(旭化成)が1時間19分44秒で15位、3連覇を狙った山西利和(愛知製鋼)は1時間21分39秒と苦しいレースで25位に終わった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 この日は午前8時50分(日本時間午後3時50分)スタート予定だったが、悪天候の予報によって号砲約15分前に2時間遅れが発表された。会場は直後に雷、豪雨に。選手たちは雨の中、午前10時50分にスタートした。

 序盤は池田がレースを引っ張る展開。沿道から「頑張れー!」と日本語の応援が響く中、山西利和(愛知製鋼)は2番手集団についた。次第に雨が止むと、徐々に縦長の集団となり、池田は5キロ地点を19分18秒で2位に8秒差をつける独歩。いきなり勝負を仕掛けた。山西は2位集団の先頭でペースを維持。しかし徐々に遅れ、10キロ地点で池田が2位に15秒差の38分37秒、山西は41秒差の18位まで後退した。

 下位の選手を周回遅れにする池田。しかし残り5周付近でスペインのマルティンに抜かれるなど失速。その後も後続に抜かれ、メダルを獲得することはできなかった。古賀が日本人最高位。池田に続いて高橋英輝が1時間20分25秒で21位。V3を狙った山西も表彰台を逃し、男子20キロ競歩の日本勢は17年大会以来6年ぶり(3大会ぶり)のメダルなしの屈辱を味わった。

 レース後、山西は「弱すぎて何か……説明がつかないです。自分の中で原因がわからない」と落胆。「ここ数か月の練習はできていた。冬の練習に入るのが遅かったけど、それは言い訳になるので」とし、敗因を語った。

「練習のボリュームは減っていました。レースで使う体力が足りなかった。(スタート時間変更は)一切関係ない。どの選手も同じ条件。言い訳にしたくない。(メダルなしは)由々しき事態。でも、自分が(日本勢で)最下位なので。どうやって世界と勝負するか考えないといけない。まずは体力をつけていくしかない。その先の技術とかの話じゃない」

 大逃げに出た池田は「結果的にそういう展開になった。狙っていたというより、流れで出る形に。このペースである程度行けるだろうと思っていたけど、最後は完全に止まってしまった。20キロトータルで考えて、追いつかれてもまた行けると思っていた」と回顧。スタート時間変更は言い訳にしかならないことを強調した。

「体的には準備が難しい。その中でも同じ条件なので、言い訳にはできない。トータルの力不足。調子はよかった。出られない人もいた中でこの結果になって申し訳ない。日本チーム全体で底上げして来年以降に繋げたい」

 山西はこの種目では07年ジェファーソン・ペレス(エクアドル)以来、16年ぶり史上2人目の3連覇が懸かっていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集