[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

藤浪晋太郎に女房役「打者は君と対戦したくない」 3連続ボール→立ち直らせたマウンドでの一言

米大リーグ・オリオールズの藤浪晋太郎投手は13日、敵地マリナーズ戦の延長10回に登板。打者3人と対戦して無安打無失点、1奪三振に抑えて初セーブをマークした。先頭打者にボール3つが先行したが、捕手のジェームズ・マッキャンがマウンドで声をかけた後に立ち直った。米記者は、マッキャンが藤浪と交わしていた会話について報じている。

オリオールズの藤浪晋太郎【写真:ロイター】
オリオールズの藤浪晋太郎【写真:ロイター】

マッキャンがマウンドでの藤浪とのやり取りを語る

 米大リーグ・オリオールズの藤浪晋太郎投手は13日、敵地マリナーズ戦の延長10回に登板。打者3人と対戦して無安打無失点、1奪三振に抑えて初セーブをマークした。先頭打者にボール3つが先行したが、捕手のジェームズ・マッキャンがマウンドで声をかけた後に立ち直った。米記者は、マッキャンが藤浪と交わしていた会話について報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 2点リードの延長10回。走者二塁から始まるタイブレークの状況で藤浪が登板。先頭のムーアに対して3球連続ボールとストライクが入らない。ここで捕手マッキャンがマウンドへ。コミュニケーションを取った。その後、藤浪は100マイルを超える速球を3連発。ムーアを空振り三振に仕留めると、暴投1つがありながらも後続を左飛、遊ゴロに仕留めて初セーブを記録した。

 マッキャンは藤浪とマウンドで何を話したのか。メリーランド州地元紙「ボルティモア・サン」のオリオールズ番ネイサン・ルイーズ記者は、自身のX(旧ツイッター)で本人のコメントを紹介している。

 投稿によると、マッキャンは「僕はただ、えげつない球を持っていることを彼に思い出させただけさ。満タンにしただけだ。僕は言ったんだ、『あの打者たちは君と対戦したくない。君がストライクを投げれば、僕たちはこれを抜け出せる』ってね」と語ったという。

 藤浪はこの試合を終えて44試合の登板で5勝8敗1セーブ、防御率7.99となっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集