[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初V菅沼菜々「私の活躍で同じ病気の方々に…」 広場恐怖症との闘い告白「元気を届けられると思う」

女子ゴルフの国内ツアー・NEC軽井沢72最終日が13日、長野・軽井沢72G北C(6702ヤード、パー72)で行われた。3打差の単独首位で出た23歳の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が通算16アンダーで並んだ神谷そら(郵船ロジスティクス)とのプレーオフ(PO)を制し、悲願のツアー初優勝を果たした。昨季はトップ10に15度入りながら未勝利。「広場恐怖症」のハンデを持ちながらプロ6年目でついに栄冠を手にした。

優勝スピーチを語る菅沼菜々【写真:Getty Images】
優勝スピーチを語る菅沼菜々【写真:Getty Images】

国内ツアー・NEC軽井沢72最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NEC軽井沢72最終日が13日、長野・軽井沢72G北C(6702ヤード、パー72)で行われた。3打差の単独首位で出た23歳の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が通算16アンダーで並んだ神谷そら(郵船ロジスティクス)とのプレーオフ(PO)を制し、悲願のツアー初優勝を果たした。昨季はトップ10に15度入りながら未勝利。「広場恐怖症」のハンデを持ちながらプロ6年目でついに栄冠を手にした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 菅沼は最終18番で追いつかれた。PO1ホール目、第1打はともにボギー。2ホール目は菅沼が第2打をピン奥にピタリ。神谷はグリーンに乗せられず、アプローチはピンをオーバー。パーで終えると、菅沼がバーディーパットを決めて勝ち切った。笑顔で拳を突き上げて大喜び。グリーン脇で待ち構えた同期の稲見萌寧とハグを交わすと、涙を流した。

 優勝スピーチではスポンサー、大会関係者、ギャラリーなどに感謝。感無量の面持ちでこう語った。

「去年からメルセデス・ランキングは8位だったけど、なかなか勝てませんでした。本当にもう勝てないんじゃないかと思うこともあったけど、本当に勝つことができて夢のようで。私は広場恐怖症という病気がありますが、私が活躍することで同じ病気の方々に元気、勇気を届けられると思います。これからも戦っていきたいです」

 昨年はトップ10が15度もあり、2位と3位がそれぞれ2度ずつ。メルセデス・ランキング8位に入るほど安定していた。しかし、今季も19戦でトップ10に4度入りながら初優勝には届かず。いつ優勝してもおかしくないと期待されていた中、初めて単独首位で迎えた最終日で粘りを見せた。

 全国を転戦するゴルファーにとって大きなハンディキャップとなる「広場恐怖症」を持つ。「電車、飛行機、船、ヘリコプターなど……自力で外に出られない状況があると発作が起きます」と沖縄や北海道のツアーには出られない。時には父の運転する車で最大1200キロほどを移動することもあった。

 人差し指と中指で作る独特のハートマークや、プレーを待つ間に見せる体育座りなどが日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式SNSで紹介されて話題になるなど、ファンを楽しませてきた23歳。今季はJLPGAのブライトナーにも任命され、女子ゴルフの魅力の発信により力を入れてきた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集