[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元賞金女王・鈴木愛、笑顔の2年1か月ぶり復活V! 3打差逃げ切り通算18勝目、2位は桑木志帆

女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは6日、札幌国際CC島松C(6593ヤード、パー72)で最終日が行われ、1打差の単独首位で出た鈴木愛(セールスフォース)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算15アンダーで逃げ切り優勝を果たした。2021年7月の資生堂レディス以来、2年1か月ぶりのツアー通算18勝目。29歳の2017、19年賞金女王が復活を印象付けた。桑木志帆(岡山御津CC)が3打差の2位。

最終日をプレーする鈴木愛【写真:Getty Images】
最終日をプレーする鈴木愛【写真:Getty Images】

国内ツアー・北海道meijiカップ最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは6日、札幌国際CC島松C(6593ヤード、パー72)で最終日が行われ、1打差の単独首位で出た鈴木愛(セールスフォース)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算15アンダーで逃げ切り優勝を果たした。2021年7月の資生堂レディス以来、2年1か月ぶりのツアー通算18勝目。29歳の2017、19年賞金女王が復活を印象付けた。桑木志帆(岡山御津CC)が3打差の2位。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 鈴木は苦しい優勝争いを勝ち切った。前半はささきしょうこ、川崎春花とデッドヒート。パープレーが続き、首位を譲る瞬間もあったが、8、9番でバーディーを奪って再浮上した。12番で1つ伸ばし、2位と3打差で終盤へ。15番でも1つ伸ばすと、16番は10メートルほどのロングパットをねじ込み、連続バーディーで笑いながら拳を突き上げた。

 最終18番はパー。ウィニングパットを決めると、満面の笑みでバンザイした。同組選手、キャディーと順番にハグ。2年1か月ぶりの歓喜を噛みしめた。

 2度の賞金女王の実績を誇る29歳。しかし昨季は優勝がなくメルセデス・ランキング25位と低迷し、今季も出場15戦のうち7度トップ10に入りながら勝てなかった。同じく首位で最終日を迎えた前週の楽天スーパーレディスは3位。今大会第2日を終えた後は「ファンの方の支えがあっての今。ファンの方に優勝を見せたいというのが最近すごく強いです」と誓っていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集