[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス5連敗阻止を逃した不運の1シーン 米記者嘆き「やれやれ」「信じられない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発し、4打数無安打だった。チームは2-3で痛恨の5連敗。ワイルドカードによるプレーオフ進出圏内まで6ゲーム差に開いた。結果的に5連敗阻止を消したプレーとなった一打の動画を米メディアが公開。米記者は「信じられないほどアンラッキー」「やれやれ」と指摘した。

マリナーズ戦に出場したエンゼルスのドルーリー【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に出場したエンゼルスのドルーリー【写真:Getty Images】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発し、4打数無安打だった。チームは2-3で痛恨の5連敗。ワイルドカードによるプレーオフ進出圏内まで6ゲーム差に開いた。結果的に5連敗阻止を消したプレーとなった一打の動画を米メディアが公開。米記者は「信じられないほどアンラッキー」「やれやれ」と指摘した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 エンゼルスは1-3の9回2死一、二塁。ドルーリーの一打が左翼の頭上を越えた。一挙同点かと思われたが、ボールはフェンスを越えてエンタイトル二塁打。大谷らベンチの選手たちも頭を抱えた。反撃は1点に留まり、なおも2死満塁でレンフローが空振り三振。5連敗を喫した。

 エンタイトル二塁打でなければ、一塁走者も生還していたかもしれない場面。米メディアが動画を公開し、米記者はツイッターで続々と反応した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、「あれは信じられないほどアンラッキーなエンタイトルツーベースだ。ドルーリーがこの試合を同点にできたはずだった。しかし、それは跳ねて壁を越えてしまった」と嘆いた。

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「アンドリュー・ベラスケスが一塁から簡単にかえり、同点にするのを妨げた。やれやれ」と投稿。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「ブランドン・ドルーリーが壁を越えなければ同点となる二塁打を放った」と指摘した。

 大谷は二ゴロ併殺打、右直、空振り三振、空振り三振の4打数無安打だった。エンゼルスは貯金を吐き出し、ア・リーグ西地区4位。7位のワイルドカード争いでも圏内の3位ブルージェイズまで6ゲーム差に開いた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集