[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング元世界王者・岩佐亮佑、第1子誕生を報告「元気な男の子」「3600gのビッグベイビー」

ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑さんが5日、インスタグラムで7月31日に第1子となる男児が誕生していたことを報告した。画像付きで「3600グラムとビッグベイビー」などとつづっている。

岩佐亮佑が男児誕生を報告【写真:浜田洋平】
岩佐亮佑が男児誕生を報告【写真:浜田洋平】

男児誕生を報告

 ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑さんが5日、インスタグラムで7月31日に第1子となる男児が誕生していたことを報告した。画像付きで「3600グラムとビッグベイビー」などとつづっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 岩佐さんは画像を公開。生まれたばかりの赤ちゃんの右手を写している。文面では「私事ですが、7月31日元気な男の子が産まれました!」と報告。こうつづった。

「3600グラムとビッグベイビーでして、出産がスムーズにいかなく1日がかりで大変でしたが、母子共に健康です! 付き添いをしていましたが、改めて出産の大変さを感じました、人生の大仕事を終えてもらえた妻には感謝しかありません。これからの岩佐家を温かく見守っていただけたら幸いです」

 33歳の岩佐さんは名門・習志野高を経て、18歳だった2008年にプロデビュー。2017年9月に小国以載を6回TKOで破り、2度目の世界挑戦でIBF世界スーパーバンタム級王座を奪取した。初防衛後に陥落したが、19年12月にマーロン・タパレス(フィリピン)に11回TKO勝ちで同暫定王座を獲得。21年4月にムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に敗れて王座統一はならなかった。

 今年4月に韓国・仁川で元アマチュア全米王者ジャフェスリー・ラミド(米国)とのフェザー級8回戦で判定負け。引退を表明し、同月に結婚と夏に第1子が生まれることを明かしていた。プロ成績は28勝(18KO)5敗。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集