[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「倒せなかった」の指摘は気にしない 那須川天心、判定デビューから「進化」を届ける攻撃的9.18

ボクシングの日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が19日、都内で会見し、ボクシング転向2戦目として9月18日に東京・有明アリーナでファン・フローレス(メキシコ)と対戦することを発表した。試合はスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦。判定勝ちだったデビュー戦から成長した姿を届けることを誓った。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。

19日、次戦の正式発表会見に登場した那須川天心【写真:荒川祐史】
19日、次戦の正式発表会見に登場した那須川天心【写真:荒川祐史】

那須川天心のボクサー2戦目、9.18メキシコホープとSバンタム級8回戦

 ボクシングの日本スーパーバンタム級7位・那須川天心(帝拳)が19日、都内で会見し、ボクシング転向2戦目として9月18日に東京・有明アリーナでファン・フローレス(メキシコ)と対戦することを発表した。試合はスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦。判定勝ちだったデビュー戦から成長した姿を届けることを誓った。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 デビュー戦からの進化を見せる。与那覇勇気(真正)を相手にした4月のボクサー初戦。那須川は抜群のスピードでパンチを空転させながらポイントを奪っていった。3-0判定の完勝。重圧を背負いながら大器の片鱗を見せた。しかし、期待が大きいだけに「倒せなかった」という声を耳にした。

「倒してないと言われます。けど、逆に言えばそこしか言うことがなかったのかな。本当に気にしてないです」と揚げ足取りを一蹴する。「今の僕のパンチはボクシングで通用するパンチではない。それでも勝てているのは良いこと」。本格的にボクサーへ転向してからたった半年で迎えた初戦。課題があることなんて、自分が一番わかっている。だから、努力を続けてきた。

 チームで話し合い、パンチを当てることしか意識できていなかったことを修正。「当たる時に拳が返っていなかった。そこを直すトレーニングをやっています」。デビュー戦まではステップワーク、ジャブ、ストレートにほとんどの時間を割いた。「それプラス、今はフック、アッパーとか。前回は距離を取って上手く戦う感じだった」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集