[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍戦前に見られたMLBならではの光景 緊急トレード選手の熱い抱擁に反響「不思議な気持ちに…」

米大リーグのエンゼルスは24日(日本時間25日)、ロッキーズからマイク・ムスタカス内野手を交換トレードで獲得したと発表した。敵地ロッキーズ3連戦の2試合目が終わった直後の出来事。ムスタカスは翌25日(同26日)にはエンゼルスの練習着に身を包み、前日まで味方だった指揮官らとハグを交わした。米放送局のレポーターがこの様子の動画を公開すると、米ファンからは「世界で最も気まずい気持ちに違いない」「なんて感動的な瞬間だ!」「野球は時として奇妙だ」などと様々な反響が寄せられている。

ロッキーズから移籍したマイク・ムスタカス【写真:Getty Images】
ロッキーズから移籍したマイク・ムスタカス【写真:Getty Images】

連戦中のロッキーズからムスタカスをトレードで獲得

 米大リーグのエンゼルスは24日(日本時間25日)、ロッキーズからマイク・ムスタカス内野手を交換トレードで獲得したと発表した。敵地ロッキーズ3連戦の2試合目が終わった直後の出来事。ムスタカスは翌25日(同26日)にはエンゼルスの練習着に身を包み、前日まで味方だった指揮官らとハグを交わした。米放送局のレポーターがこの様子の動画を公開すると、米ファンからは「世界で最も気まずい気持ちに違いない」「なんて感動的な瞬間だ!」「野球は時として奇妙だ」などと様々な反響が寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 移籍の多いメジャーリーグならではの光景だ。エンゼルスの赤い帽子とパーカーを着用したムスタカスが、前日まで所属していたロッキーズ側のダグアウトに向かった。出迎えたバド・ブラック監督と力強く抱擁。感謝の思いを口にした。ブラック監督もムスタカスの肩に手をかけ、何かを語りかけている。

 米コロラド州地元放送局「AT&Tスポーツネット・ロッキーマウンテン」でレポーターを務めるケルシー・ウィンガートリンチさんが自身のツイッターに動画を投稿。「フィールドの向こう側にトレードされたマイク・ムスタカスに沢山のハグ」などと記した。

 動画を見た米ファンからは「連戦中に相手チームにトレードされるなんて、世界で最も気まずい気持ちに違いない」」「サヨナラは嫌いだ」「ワオ、なんて感動的な瞬間だ!」「野球は時として奇妙だ」「彼が出ていくのは残念」「対戦している相手との間でトレードが起こると、いつも不思議な気持ちになる。昨夜までこっちのダグアウトにいたのに、次の日には反対側にいるなんてクレイジーに違いない」などと様々な反応が集まった。

 ムスタカスは2011年にロイヤルズでメジャーデビューし、17年には38本塁打を放った経験を持つ右投げ左打ち、34歳のベテラン内野手。通算207本塁打を記録しており、今季はロッキーズで47試合に出場し、打率.270、4本塁打、17打点だった。エンゼルスからは交換相手としてマイナーの右腕コナー・バン・スコヨク投手がロッキーズに移籍した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集