[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フルトンは食い物にされるだろう」 井上尚弥、強敵も顔を歪めた強烈左ボディーに海外再脚光

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)と7月25日に東京・有明アリーナで対戦する。決戦ムードが高まる中、ちょうど2年前に井上が相手を悶絶させた一戦を米興行大手が回顧。映像を公開すると、海外ファンから「ただただアメージング」「ただ物じゃない」といった反響が寄せられている。

2021年6月、ダスマリナスに勝利した井上尚弥【写真:Getty Images】
2021年6月、ダスマリナスに勝利した井上尚弥【写真:Getty Images】

井上は7月にフルトン戦

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)と7月25日に東京・有明アリーナで対戦する。決戦ムードが高まる中、ちょうど2年前に井上が相手を悶絶させた一戦を米興行大手が回顧。映像を公開すると、海外ファンから「ただただアメージング」「ただ物じゃない」といった反響が寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 喰らった相手はひとたまりもない。マイケル・ダスマリナスを相手にした一戦。3回だった。井上が残り40秒頃に左ボディーを打ち込んだ。ダスマリナスはその場に転がりダウン。被弾した脇腹付近を押さえ、苦悶の表情を浮かべた。何とか立ち上がったが、再開直後に井上はまたも強烈な左ボディー。崩れ落ちた相手を見て、レフェリーはすぐに試合を止めた。

 悶絶するダスマリナスとは対照的に、顔面にほとんど傷を負わなかった井上は涼しい顔で3回TKO勝ちのゴングを聞いた。2021年6月19日(日本時間20日)に米ラスベガスで行われたWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトル戦。実際の映像を公開した米興行大手・トップランク社公式ツイッターは「2021年のこの日、ナオヤ・イノウエがマイケル・ダスマリナスを粉砕した」との文面を記した。

 海外ファンからは「イノウエはただ者じゃない」「この世代最高のボクサーの1人」「彼はただただアメージングだ」「フルトンは食い物にされるだろう」「これが俺の待っていた戦いだ」「イノウエはフルトンを粉砕する」「ザ・モンスター」といった声が寄せられた。

 この一戦で井上はWBAは5度目(正規王座を含む)、IBFは3度目の防衛に成功。その後、アラン・ディパエン、ノニト・ドネア、ポール・バトラーを立て続けに倒してバンタム級4団体王座を統一。今年1月にスーパーバンタム級転向を表明し、7月25日に階級変更後の初戦となるフルトン戦に臨む。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集