[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平と激突ドジャース、指揮官が「対戦選ぶなら打者」と答えた理由「毒を選ぶようなもの」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は両リーグ最多の24本塁打をマークするなど6月は打撃絶好調。20日(日本時間21日)から対戦するドジャースの監督、選手からは早くも称賛の言葉が上っている。カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が主力選手のムーキー・ベッツ外野手らの言葉を伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

20日からドジャースと対戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は両リーグ最多の24本塁打をマークするなど6月は打撃絶好調。20日(日本時間21日)から対戦するドジャースの監督、選手からは早くも称賛の言葉が上っている。カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が主力選手のムーキー・ベッツ外野手らの言葉を伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 同じロサンゼルスを本拠地とする両軍の対戦。「ドジャースとエンゼルスもMLBの最高のライバル関係の1つ? 『同じ成層圏ですらない』」との見出しで報じられた記事の中で、ベッツは「彼はとてもスペシャルで、他の誰もやったことがないことをしている。彼は今、三冠王を追っているし、投手もしているんだ。三冠王を獲った人たちはいるけど、三冠王に輝きながら彼がしていることをやった人は1人もいない」と語ったと報じられている。

 大谷は18日(同19日)時点でリーグ8位の打率.300。本塁打24、打点58はいずれも両リーグ最多だ。ドジャースを指揮するデーブ・ロバーツ監督は「打者オオタニと投手オオタニ、対戦するならどちらのほうが怖い?」と問われ、「とてもいい質問だ」と返し、「選ばないといけないなら、私は打者を選ぶかな。4打席だけだから。一方、110球も見ることになるのは、とても怖気づかせるものだ」と投手の方が脅威を感じると語ったという。

 記事では「あー……ロバーツは最近のオオタニが打席でやっていることを見ていないのだろうか?」と“疑問”を投げかけていたが、ロバーツ監督は打者・大谷についても語っていた様子。「見ているよ。これに関してはどっちの毒がいいか選ぶようなものだ」と話していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集