[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷絶好調の裏でエ軍に緊急事態 内野主力3人目レンドン離脱、米嘆き「もはやジョークだ」

米大リーグ・エンゼルスは2014年以来のポストシーズン進出に向け、首位レンジャーズを4.5ゲーム差で追う西地区2位となっている。大谷翔平投手が直近10戦で8本塁打を放つなど打棒爆発。一方で心配な情報も19日(日本時間20日)に入ってきた。球団はアンソニー・レンドン内野手が左手首の打撲で10日間の負傷者リスト(IL)に入ったと発表。内野手に故障者が続出しており、米ファンからは「もはやジョーク」「フレッチャーを昇格させるべき」などと嘆きの声があがっている。

敵地レンジャーズ戦で死球を受け痛がるレンドン【写真:Getty Images】
敵地レンジャーズ戦で死球を受け痛がるレンドン【写真:Getty Images】

レンドンが左手首の打撲で10日間の負傷者リスト入り

 米大リーグ・エンゼルスは2014年以来のポストシーズン進出に向け、首位レンジャーズを4.5ゲーム差で追う西地区2位となっている。大谷翔平投手が直近10戦で8本塁打を放つなど打棒爆発。一方で心配な情報も19日(日本時間20日)に入ってきた。球団はアンソニー・レンドン内野手が左手首の打撲で10日間の負傷者リスト(IL)に入ったと発表。内野手に故障者が続出しており、米ファンからは「もはやジョーク」「フレッチャーを昇格させるべき」などと嘆きの声があがっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 レンドンは「4番・三塁」で出場した15日(日本時間16日)の敵地レンジャーズ戦、第1打席で左手首付近に死球を受けた。第2打席は一度もバットを振らず見逃し三振、第3打席では3バント失敗だった。試合後、ネビン監督は会見で「(患部が)腫れ上がっていたが、守備はできると言っていた。同点やリードしている状況であれば、そのまま出場させることにした」と説明。検査を受けていることも明かしていた。

 その後は試合に出場していなかったレンドンについて、エンゼルス広報公式ツイッターは19日(同20日)に「本日エンゼルスはアンソニー・レンドン内野手を左手首の打撲で10日間の負傷者リスト(IL)に入れた」と発表した。

 エンゼルスの内野陣は、好守に活躍していた新人の遊撃手ネトが14日(同15日)のレンジャーズ戦で脇腹の痛みを訴え、そのまま戦線離脱。ウルシェラもレンドンが死球を受けた15日(同16日)のレンジャーズ戦、初回の打席で一塁ベースを駆け抜けた際に転倒。骨盤を骨折したと発表されていた。

 主力の内野手が続々と離脱する緊急事態。レンドンのIL入り発表に、米ファンからは「これが来るのはみんな分かっていた」「早くよくなってアンソニー」「内野を強化するためにデビッド・フレッチャーを昇格させるべき」「クビにしろ!」「ショッキング!」「火曜日にプレーすることを望んでいるって言ってたのに」「毎回だ」「球界で最も脆い選手かも。プレーしている期間よりILにいる期間のほうが長い」「これはもはやジョークだ。毎年この男はILに入る」「この怪我は100%彼のせいじゃない」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集