[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平には「新しい賞が必要」 圧巻スタッツでMVP確信の米ファン提案「引退するまで…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地ロイヤルズ戦で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。これで7日(同8日)のカブス戦から始まった13連戦が終了。この間の打率は4割を超え、本塁打も9本と量産。投手としても1か月ぶりの6勝目をマークするなど、まさに二刀流として大車輪の働きぶりを見せた。各部門のスタッツも一気に上昇。米記者のツイッターでの指摘に対し、米ファンからは「新しい賞が必要だ」といった声が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

MLB記者のツイートに反応

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地ロイヤルズ戦で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。これで7日(同8日)のカブス戦から始まった13連戦が終了。この間の打率は4割を超え、本塁打も9本と量産。投手としても1か月ぶりの6勝目をマークするなど、まさに二刀流として大車輪の働きぶりを見せた。各部門のスタッツも一気に上昇。米記者のツイッターでの指摘に対し、米ファンからは「新しい賞が必要だ」といった声が寄せられている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 6月に入ってから勢いが増すばかりの大谷。特に打者としてカブス戦から始まった13連戦で、46打数20安打で打率.435、9本塁打、17打点と驚異的な数字をマークし、チームも9勝4敗と上昇気流に乗せて一気にア・リーグのワイルドカード争いでも出場圏内の2位まで押し上げた。

 大谷の個人成績について、MLB公式のサラ・ラングス記者はツイッターに「ショウヘイ・オオタニは現在下記でメジャートップ…」とつづり、「OPS」、「長打率」、「本塁打」、「打点」といった打撃部門に加え、投手部門の「被打率」でもトップにいることを記した。

 途中経過とはいえ、これまでのMLBの歴史では考えられないスタッツとあって、米ファンからは「彼はクレイジーだ」「ダントツで球界最高の選手」「ショウヘイ・オオタニは絶好調だ!」「そして長打と塁打も」「なんてとんでもないスタッツだ」といった反響が。さらに、MVP争いでも抜けた存在と考えるファンからは「引退するまでMVPはオオタニ賞と名付けられるべき」「彼が毎年MVPであるべきだから、新しい賞が必要」など、MVPに変わる賞の創設すら求める声すら上がっている。

 13連戦が終わったエンゼルスは1日の休養日を挟み、20日(同21日)から本拠地でドジャースとの2連戦に臨む。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集