[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にしかできない“変則3冠”の可能性 6月の絶好調で米識者が期待「打撃2部門と投手の…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地ロイヤルズ戦で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。7日(同8日)のカブス戦から始まった13連戦が終わり、この間は打者として46打数20安打で打率.435、9本塁打、17打点と驚異的な数字をマーク。チームをプレーオフ圏内に押し上げる原動力になった一方で、個人成績も一気に上げた。打撃3冠の可能性に注目する米記者も現れる中、大谷にしかできない“変則3冠”への期待をかけている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米識者やデータ分析会社が早くも注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の敵地ロイヤルズ戦で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。7日(同8日)のカブス戦から始まった13連戦が終わり、この間は打者として46打数20安打で打率.435、9本塁打、17打点と驚異的な数字をマーク。チームをプレーオフ圏内に押し上げる原動力になった一方で、個人成績も一気に上げた。打撃3冠の可能性に注目する米記者も現れる中、大谷にしかできない“変則3冠”への期待をかけている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 勢いがとどまることを知らない最近の大谷のバット。本塁打数は両リーグ含めてトップの24本となった。昨季のア・リーグ本塁打王で、今季もキングの座を争うと見られていたヤンキースのジャッジが故障者リスト入りしたこともあり、1強ムード。同時に打点、打率も上昇してきている。

 カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のビル・シャイキン記者は17日(同18日)のエンゼルスの試合が終わった時点で自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニの3冠王ウォッチ」とつづって成績を紹介。リーグトップの本塁打は18日の一発で24本となり、2打点加えた打点も58として単独トップとなった。打率はやや下げて.2996としたが、それでもリーグ8位。.320でトップのヘイズ(オリオールズ)とは離れているが、絶望的な差ではない。

 そんな中、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」の公式ツイッターは「ショウヘイ・オオタニは本塁打、打点、塁打、長打、長打率、あとおそらく他の何かでもメジャートップに立っている」とつづると、カブスのデータサイエンティストを務めるジェレミー・フランク氏がツイッターで反応。「打撃の3部門中2部門と、投手の3部門中1部門でトップになったら3冠王になる?」と大谷でしか成し得ない“変則3冠王”の定義について言及している。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集