[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「カーブを使いすぎた」 MLB224勝右腕が失投悔やむ「狙ったところに投げられなかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。これで直近10試合で8本塁打の大暴れ。MLB公式は被弾した通算224勝右腕とロイヤルズ指揮官の談話を紹介。「あの1球は失投だった」と振り返っている。

5回の第3打席で24号逆転2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
5回の第3打席で24号逆転2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で2戦連発の24号逆転2ランを放ち、5-2の勝利に貢献した。これで直近10試合で8本塁打の大暴れ。MLB公式は被弾した通算224勝右腕とロイヤルズ指揮官の談話を紹介。「あの1球は失投だった」と振り返っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 衝撃のアーチにスタンドがどよめいた。第3打席、1点ビハインドの5回無死二塁の場面。グリンキーが内角低めに投じた69.7マイル(約112.2キロ)のカーブを振り抜くと、確信歩きを見せた。手応え十分の打球は、もの凄い勢いで右中間席に着弾。両リーグトップを走る逆転の24号2ランで、悠々とダイヤモンドを一周した。

 MLB公式は「日曜日、ロイヤルズの殿堂入りするであろう先発投手はエンゼルスのスーパースターで、殿堂入りする可能性があるショウヘイ・オオタニとマイク・トラウトに敗れた」と記し、ロイヤルズ側の“お手上げ”の様子を紹介。マット・クアトラーロ監督は「彼ら(大谷とトラウト)は間違いなく、ここ何年も数多くの投手に対してああいうことをしてきた。2人の球界最高の打者だ……3巡目になって、彼らは修正してきた」と大谷だけでなく、2者連続本塁打となったマイク・トラウト外野手の一発もたたえた。

 被弾したMLB通算224勝のザック・グリンキー投手は「オオタニへの1球は失投だったし、彼はホットだ。今年は(カーブを)使いすぎると相手は打ってくるようになった。今日もそうだったように思う。使いすぎてしまった。良いチェンジアップを投げていれば、あの打席はまずまずの結果を得られていたと思う。トライしてみたが、狙ったところに全然投げられなかった」と落胆した様子だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集