[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位岩井明愛、女王・山下も仰天させた“片手チップイン”を回顧「確率的にどっちが高いか…」

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディス最終日が18日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6621ヤード、パー72)で行われた。ツアー史上初めて姉妹での最終日最終組となった双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)はそれぞれ通算14アンダーの2位、12アンダーの3位だった。明愛は8番パー4で、片手でのチップインバーディーの妙技を披露。父の日の優勝は逃したが、観客を沸かせた。優勝は17アンダーの山下美夢有(加賀電子)。

ニチレイレディス、通算14アンダーの2位だった岩井明愛【写真:Getty Images】
ニチレイレディス、通算14アンダーの2位だった岩井明愛【写真:Getty Images】

ニチレイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディス最終日が18日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6621ヤード、パー72)で行われた。ツアー史上初めて姉妹での最終日最終組となった双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)はそれぞれ通算14アンダーの2位、12アンダーの3位だった。明愛は8番パー4で、片手でのチップインバーディーの妙技を披露。父の日の優勝は逃したが、観客を沸かせた。優勝は17アンダーの山下美夢有(加賀電子)。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 首位・山下に4打差の2位で出た姉の明愛が、驚きのプレーを披露した。8番パー4、ラフからの第2打は、グリーン横にあるバンカーの縁に。自身も後ろのバンカーに落ちてしまいそうなスタンスを取れない場所。しかし、ラフからの第3打は右手一本でクラブを握った。そっと打ち出したボールはカップイン。大勢のギャラリーをどっと沸かせ、バンザイしながら喜んだ。

 一時2打差に迫った一打。「パッと思いついたのが、バンカーに足を入れてクラブを短く持って打つか、片手打ち。確率的にどっちが高いか考えたら、片手の方が打ちやすかった」と振り返った。同じ組で見ていた山下も「あれはホンマに凄かったですね」と仰天。満面の笑みを見せていた妹・千怜も「リスクあるんじゃ……と思った。上手く出るのかなと思ったが、綺麗に打っていたので『魅せるな』と思った」と驚いていた。

 5月のRKB×三井松島レディスでは、同じ3人でのプレーオフが行われ、千怜が優勝。今回は山下に追いつくことはできなかった。年間女王の強さに、岩井ツインズは「隙が無い」と声を揃えた。千怜は「どうしたら勝てるんだろうというくらい。どのショットも寄る感じがする」と称え、明愛も「10アンダーくらい出さないと勝てない試合。それほど美夢有さんは凄い選手だと思う」と話した。

 それでも2人の夢だった、姉妹での最終日最終組を父の日に達成した。「優勝して父に最高のプレゼントを届けたいと思ったけれど、来年でも良いので優勝をプレゼントしたい」と千怜。明愛も「父の日ですし、2人で最終日最終組を実現できて、一つの夢がかなった。嬉しいですし、一日通して楽しかった」と充実感を漂わせた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集