[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

謎のアレルギー症状に苦しんだ新人・神谷そらが復活の7位発進 1か月前に目の充血&喉の腫れ発症

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスが16日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6621ヤード、パー72)で開幕した。ルーキーながら既にツアー1勝をマークしている神谷そら(郵船ロジスティクス)は5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーの7位発進となった。1か月ほど前から謎のアレルギー症状に悩まされていたが、復活。混戦模様の大会で好位置につけた。

ニチレイレディス初日に出場した神谷そら【写真:Getty Images】
ニチレイレディス初日に出場した神谷そら【写真:Getty Images】

国内ツアー・ニチレイレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスが16日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6621ヤード、パー72)で開幕した。ルーキーながら既にツアー1勝をマークしている神谷そら(郵船ロジスティクス)は5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーの7位発進となった。1か月ほど前から謎のアレルギー症状に悩まされていたが、復活。混戦模様の大会で好位置につけた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 出だし1番パー5で幸先良くバーディーを奪うと、その後もスコアを伸ばした。上がりの18番パー5でボギーを叩き悔しがったが、首位の山下美夢有と3打差の7位。「ティーショットは荒れていたけれど、セカンド、パットに助けられました」と振り返った。

 4月のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。その頃より状態はいいと感じているが、5月のブリヂストンレディスあたりからアレルギー症状に苦しめられた。喉の奥が腫れ、目も充血。痒みをごまかすために咳をしたり、目をこすったりしてしまう悪循環に陥っていた。

 前々週のリシャールミル ヨネックスレディス開幕前日は、目の状態が悪く眠れないほどだった。「私としたことが……(笑)普段はグッスリなんですけど」。事態を重く見てアレルギー検査を受診。しかし、原因は「分からなかったです」。それでも目薬と内服薬で治療し、現在は状態が落ち着いたという。

 昨年実施されたプロテストでトップ通過。新人では優勝一番乗りを果たしている。「ルーキーシーズンのうちに、2勝目を挙げられるように頑張る」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集