[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大谷さんは足が長いのです」 敵軍チャレンジを退けたベースカバーに反響「つま先すら神なのか」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。6回を6安打2失点3奪三振の粘りの投球を見せてチームを5-3の勝利に導き、1か月ぶりの6勝目をマークした。強力打線を相手にバックの好守も見られた中、大谷の特長が際立ったプレーにSNSは大盛り上がり。「今日一番面白かったところ」「つま先すら神なのか」といった声が上がっている。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平(左)【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平(左)【写真:ロイター】

レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。6回を6安打2失点3奪三振の粘りの投球を見せてチームを5-3の勝利に導き、1か月ぶりの6勝目をマークした。強力打線を相手にバックの好守も見られた中、大谷の特長が際立ったプレーにSNSは大盛り上がり。「今日一番面白かったところ」「つま先すら神なのか」といった声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 懸命に全身を伸ばした。2-2の同点で迎えた5回、2番シーガーの一塁方向へのゴロをウォルシュがキャッチし、大谷がベースカバーに入ってアウトをとった。ただ、大谷がウォルシュからのボールをグラブに収めた際に足がベースから離れていたようにも見えたため、レンジャーズがチャレンジでリプレー判定を要求。しかし、判定は変わらずアウト。大谷が伸ばした足はわずかにベースに残っていた。

 このプレーの動画がSNS上に拡散すると、ツイッター上の日本人ファンはすぐに反応。「今日一番面白かったところ」「大谷さんは足が長いのです」「長い足でベースカバー。ニューバランスのスパイクありがとう」「絶対にベースから離れない!!気合のプレー」「大谷さんの長い足の勝ち」「つま先すら神なのかいこの人は」といった声が上がっている。

 この日の大谷は、打っても8回の第4打席で左中間へ443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放ち、4連戦で4本塁打の大爆発。投げる、打つ、だけでなくフィールディングの部分でも存在感を示した格好だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集