[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、またも100年超える新記録樹立 投打で君臨、同日に本塁打と被打率でMLBトップに

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。8回の第4打席に443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。これでシーズン50発ペースとなる。投げては奪三振こそ3つにとどまったが、6回2失点の好投で1か月ぶりの6勝目をマークした。MLB公式のサラ・ラングス記者は大谷が作った新たな記録を紹介している。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で二刀流出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。8回の第4打席に443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。これでシーズン50発ペースとなる。投げては奪三振こそ3つにとどまったが、6回2失点の好投で1か月ぶりの6勝目をマークした。MLB公式のサラ・ラングス記者は大谷が作った新たな記録を紹介している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 首位レンジャーズとの4連戦で大暴れの大谷。打ってはこの日の特大弾でシリーズ4本塁打。HR22本はア・リーグのアロンソ(メッツ)と並び、両リーグ合わせてトップに。打率も.301と3割に乗せた。投げては屈指の好打者を揃える打線を相手に2失点と粘り、1か月ぶりの6勝目。米メディアを中心に称賛の声はとどまるところを知らない。

 これまでさまざまな記録を打ち立ててきた大谷だが、MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは1900年以降、その日の終わりに本塁打と被打率(70イニング以上)でMLBトップに立った初めての選手だ」と紹介。100年を超える新記録が誕生したことに触れている。

 規格外の記録に米ファンからは「ワオ!」「なんて正真正銘のレジェンドだ」「なんてスタッツだ」「常軌を逸したスタッツ! MVP」「これは現実離れしている」「人生でこれをまた見ることはないだろう」「これはとんでもない数字だ」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集