[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岩井千怜の完全Vを絶賛 同組2位だった元世界No.1申ジエ「プレッシャーかけても焦らず…」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス最終日が11日、兵庫・六甲国際GC(6513ヤード、パー72)で行われた。2位に5打差の単独首位で出た20歳・岩井千怜(Honda)が、大会記録の通算23アンダーで1か月ぶりの今季2勝目&ツアー通算4勝目。初日から首位を譲らない完全優勝を果たした。一時は1打差に迫るなど猛追した申ジエ(韓国)は5打差2位。「プレッシャーをかけても焦らず自分のゴルフをしたのが素晴らしい」と千怜を称えた。

宮里藍サントリーレディス、猛追するも5打差2位だった申ジエ【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス、猛追するも5打差2位だった申ジエ【写真:Getty Images】

国内ツアー・宮里藍サントリーレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス最終日が11日、兵庫・六甲国際GC(6513ヤード、パー72)で行われた。2位に5打差の単独首位で出た20歳・岩井千怜(Honda)が、大会記録の通算23アンダーで1か月ぶりの今季2勝目&ツアー通算4勝目。初日から首位を譲らない完全優勝を果たした。一時は1打差に迫るなど猛追した申ジエ(韓国)は5打差2位。「プレッシャーをかけても焦らず自分のゴルフをしたのが素晴らしい」と千怜を称えた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 5打差2位で出た申ジエ。前半9ホールで4バーディー、ボギーなしと4つ伸ばして千怜を猛追した。3打差で後半に入り、千怜が10番パー4でボギー。11番パー3で申がロングパットを決め、ついに1打差となった。それでも再び突き放され、千怜が優勝。申は山下美夢有と並び5打差の2位だった。

 申はホールアウト後の取材に「千怜さんは追いかけられることがなかったと思うので、自分が頑張ればプレッシャーをかけられると思っていた。プレッシャーをかけても焦らず自分のゴルフをしたのが素晴らしいと思った」と、猛追にも動じなかった千怜のプレーを称えた。

 申はかつて世界ランク1位にもなった名手。山下を含めた最終日最終組は「3人でいい勝負ができたと思う。みんないいバーディーを獲るから、ちょっとグリーンに乗っても拍手が少なくなりました(笑)。ギャラリーさんが厳しくなりましたね(笑)」と話した。

 千怜は20歳、山下は21歳と若い。35歳の申は「(千怜と山下は)多くのギャラリーさんの前でプレーする緊張感を味わう経験は、私より少ないはず。でも、その中で自分のゴルフができるのが素晴らしい。ミスしてもすぐにリカバリーして成績に残るゴルフができるのが素晴らしい」と称えていた。

 これまでの大会記録は12年キム・ヒョージュ、21年青木瀬令奈の17アンダー。72ホールのツアー最少ストロークは、16年大王製紙エリエールレディスでテレサ・ルーがマークした24アンダーだった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集