[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7連敗止めた千賀滉大に辛口NYメディア称賛 ムラある先発陣で「稀な力強いパフォーマンス」

米大リーグのメッツ・千賀滉大は10日(日本時間11日)、敵地パイレーツ戦に先発し、7回2安打6三振1失点(自責0)で6勝目(3敗)を挙げた。防御率は3.34。チームの7連敗を止める快投に辛口で知られるニューヨーク紙も「堅実な登板をした」と賛辞を送った。

パイレーツ戦に先発し、7回1失点で6勝目を挙げたメッツの千賀滉大【写真:ロイター】
パイレーツ戦に先発し、7回1失点で6勝目を挙げたメッツの千賀滉大【写真:ロイター】

7回2安打1失点で7連敗を止める6勝目

 米大リーグのメッツ・千賀滉大は10日(日本時間11日)、敵地パイレーツ戦に先発し、7回2安打6三振1失点(自責0)で6勝目(3敗)を挙げた。防御率は3.34。チームの7連敗を止める快投に辛口で知られるニューヨーク紙も「堅実な登板をした」と賛辞を送った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 泥沼の7連敗を止める救世主となった。4回に四球と味方のエラーなどが絡みノーヒットで1点を失うも、7回を投げて失点はこの1点のみ。ナ・リーグ中地区首位のパイレーツ打線を相手をわずか2安打に封じた。

 辛口で知られるニューヨークメディアも快投を称えた。「ニューヨーク・ポスト」は「コウダイ・センガが堅実な登板をしてメッツの7連敗を止める」と題する記事を掲載した。9日(同10日)はメギルが4回途中9失点、8日(同9日)はバーランダーが3回5失点と2日続けて先発投手が4回もたずにKOされていたメッツ。同紙は「どんな形でも勝利が必要だった」とこの試合の重要性に触れ、千賀が「メッツに息をつかせた」と称賛した。

 メッツのスティーブ・コーエンオーナーは同紙の独占インタビューで、先発投手が現在のチームの一番の課題であると言及。「投手陣はムラがありすぎる。(先発)投手が3回か4回しか行かなかったら試合には勝てない」と話していた。同オーナーの発言を紹介しながら、同紙は「先発投手による稀な力強いパフォーマンス」と千賀の投球を評価した。

 先発投手の不調もあり、31勝34敗と負け越して地区4位に沈むメッツにとって、千賀の快投は光明となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集