[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、降格判定受けたレース後の落胆ぶりに海外同情「心が痛む」「可愛そうなユウキ」

自動車レースF1の第8戦スペインGPは現地時間4日に決勝が行われ、角田裕毅(アルファタウリ)は9番手でフィニッシュしたものの、レース中のペナルティーでタイム加算されたため12位に終わった。入賞を逃し、ポイント獲得ができなかったショックからか、レース後は落胆。現地で撮られた写真がSNS上でも注目を浴び、海外ファンからは「心が痛む」「見ていてつらい」といった同情や慰めの声が上がっている。

スペインGPに出場した角田裕毅【写真:Getty Images】
スペインGPに出場した角田裕毅【写真:Getty Images】

F1第8戦スペインGP

 自動車レースF1の第8戦スペインGPは現地時間4日に決勝が行われ、角田裕毅(アルファタウリ)は9番手でフィニッシュしたものの、レース中のペナルティーでタイム加算されたため12位に終わった。入賞を逃し、ポイント獲得ができなかったショックからか、レース後は落胆。現地で撮られた写真がSNS上でも注目を浴び、海外ファンからは「心が痛む」「見ていてつらい」といった同情や慰めの声が上がっている。

 やりきれなさだけが残った。12位となったレース後。レーシングスーツを着たまま座り込んだ角田は、呆然とした様子で壁にもたれかかった。スタッフに声をかけられ、握手をした後には手で顔を覆い、頭を抱えた。スタッフの励ましを受けても、うつむくばかりだった。

 レース後の様子を捉えた写真がツイッター上の海外ファンの間で話題に。労いと同情の声が書き込まれていた。

「私の心が痛む」
「こんな彼を見るととても悲しい」
「見ていてつらい」
「ハグしてあげたい」
「可哀想なユウキ」
「バルセロナまで飛んで行って彼をハグしてやる」
「スペインまで行って、この判断をしたやつと戦ってやる」
「ユウキ、あなたはよくやったよ」

 角田は決勝レースを15番グリッドからスタート。入賞圏内を争う中で迎えた56周目、角田の背後に迫った周冠宇(アルファロメオ)にターン1で外から並びかけられた。インを死守しようとした角田に対し、わずかなアクションに反応した周はマシンコントロールを失って外に膨れてコースオフ。この動きに対し、角田に5秒のタイムペナルティーとペナルティーポイント1が与えられ、9位入賞となるはずが12位に降格となっていた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集