[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子110m障害で日本新記録! 泉谷駿介が13秒04、自身の記録を0.02更新「向かい風で自信になる」

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権の最終日が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110メートル障害では日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が13秒04(向かい風0.9メートル)で優勝。自身の持つ日本記録13秒06を更新し、大会3連覇を達成した。

陸上・日本選手権、男子110メートル障害で日本新記録を更新し、大会3連覇を達成した泉谷駿介【写真:奥井隆史】
陸上・日本選手権、男子110メートル障害で日本新記録を更新し、大会3連覇を達成した泉谷駿介【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権の最終日が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110メートル障害では日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が13秒04(向かい風0.9メートル)で優勝。自身の持つ日本記録13秒06を更新し、大会3連覇を達成した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 泉谷は号砲直後、高山峻野(ゼンリン)と競り合う。中盤から一気に抜け出し、1着でフィニッシュした。速報タイムは13秒05で、場内がどよめく。その後、正式タイムは13秒04とアナウンスされ、笑顔を見せた。

 直後のインタビューで泉谷は「向かい風でこのタイムは少し自信になる」と話し、「スタートはあまり切れなかったが、中盤から最近の持ち味を活かせて落ち着いていけた」とレースを振り返った。今夏のブダペスト世界陸上代表に内定。「世界選手権の準決勝、決勝でしっかり力を出せるように。調子をしっかり維持して、12秒台を狙っていきたいと思う」と意気込んだ。

 泉谷は5月のセイコー・ゴールデングランプリ(GGP)でも13秒07の好タイムをマークしていた。泉谷とともに参加標準記録を切っていた高山は13秒30で2着。こちらも世界陸上代表が内定した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集