[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走り幅跳び・秦澄美鈴「ちょっと不完全燃焼な感じ」 女王の貫禄6m63、日本選手権V3も反省

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権の最終日が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子走り幅跳びでは秦澄美鈴(シバタ工業)が優勝。大会3連覇となった。

陸上・日本選手権、女子走り幅跳びで優勝した秦澄美鈴【写真:奥井隆史】
陸上・日本選手権、女子走り幅跳びで優勝した秦澄美鈴【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権の最終日が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子走り幅跳びでは秦澄美鈴(シバタ工業)が優勝。大会3連覇となった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 秦は1本目から追い風参考2.8メートルながら、6メートル60をマーク。手拍子を求めてスタートを切った2本目は6メートル58(追い風0.8メートル)を記録した。3本目はファウル。笑顔を見せながらの4本目にこの日最長の6メートル63(追い風0.6メートル)。自己ベストには届かなかったが、2位の竹内真弥に33センチ差を付け、女王の貫禄を見せた。

 大阪・八尾市出身で、身長169センチの27歳。16歳から陸上を始め、昨年の日本選手権で2年連続3度目の優勝を果たした。ワールドランキングで出場権を手にした昨年オレゴン世界陸上は、予選敗退で悔し涙。それでも、昨秋には6メートル67の自己ベストをマークした。さらに今年5月3日の静岡国際は6メートル75(追い風2.0メートル)で優勝。再び自己ベストで確かな成長を見せていた。

 レース後のテレビインタビューで秦は「良い手応えの跳躍ではなかったので、6メートル63を跳べたのは評価できるポイントではあるけれど、もっと狙っていたので、ちょっと不完全燃焼な感じがある」と反省も口にした。今夏のブタペスト世界陸上については「(出場できる)ランキング圏内なので、トレーニングして仕上げていければ」と語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集