[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子100m障害で混乱 速報順位で誤表示、優勝・寺田明日香は苦言「選手もショック受けちゃう」

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が3日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝では33歳の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒95(向かい風1.2メートル)で優勝した。決勝は上位4人が12秒台を叩き出す大接戦。場内では、一度は日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)を優勝とする誤表示があったが、寺田は「選手もショックを受けちゃうので、しっかり見て(表示を)出していただけたらと思う」とコメントした。

女子100メートル障害決勝後、場内表示を見る寺田明日香ら選手たち【写真:奥井隆史】
女子100メートル障害決勝後、場内表示を見る寺田明日香ら選手たち【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が3日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝では33歳の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒95(向かい風1.2メートル)で優勝した。決勝は上位4人が12秒台を叩き出す大接戦。場内では、一度は日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)を優勝とする誤表示があったが、寺田は「選手もショックを受けちゃうので、しっかり見て(表示を)出していただけたらと思う」とコメントした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 史上最もハイレベルの争いとなった女子100メートル障害。寺田、福部、青木益未、田中佑美が横一線でフィニッシュした。場内の速報では福部が1位と一度は伝えられたが、その後に寺田の優勝が告げられた。青木も12秒95で1000分の1秒差で2位、田中が12秒96、福部は12秒99。4人全員が12秒台だった。

 最初の場内表示が誤っており、トラック上はやや混乱する場面も。福部はレース直後から涙を流していた。寺田はレース後「難しい日本選手権。競った中で勝てたのは評価したい」と語ったが、「選手もショックを受けちゃうので、しっかり見て(表示を)出していただけたらと思う」と苦言も呈した。

 その後のテレビインタビューでは「表示見て『負けたか』と。皆でスローを見た時『え、明日香さんじゃない?どうかな?』という感じだった。走っているときは分からなかった。2番入れなかったかという感じでした」とレース後について伝えていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集