[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

33歳寺田明日香、雨中の12秒台で100m障害決勝進出 取材でらしさ満点「私、ババァなので…」

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害は準決勝が行われ、元日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒97(追い風0.4メートル)で組2着。決勝に駒を進めた。参加標準記録12秒78を突破し、3日の決勝で3位以内に入れば代表に内定する。

女子100メートル障害で駆け抜けた寺田明日香【写真:奥井隆史】
女子100メートル障害で駆け抜けた寺田明日香【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害は準決勝が行われ、元日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒97(追い風0.4メートル)で組2着。決勝に駒を進めた。参加標準記録12秒78を突破し、3日の決勝で3位以内に入れば代表に内定する。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 雨が降る中でのレース。寺田は好スタートから、最後は現日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)と競り合いに。同タイム(1000分の1秒で着差あり)での2位となった。

 日本選手権3連覇など第一線で活躍したのち、怪我などを理由に23歳で一度は競技を引退した。14年に結婚し、長女・果緒ちゃんを出産。2年後に7人制ラグビーへ挑戦すると、19年に陸上競技へと復帰した。

 33歳で迎えた日本選手権。取材に対し「私、ババァなので、怪我しないように(笑)」と冗談めかして報道陣の笑いを誘った寺田は「今年のテーマはスタートから4台目までの加速。そこまででハードルないくらいの感じで行ければ5~7台目で勝手にタッチダウン出てきて、後は8、9、10を頑張るだけなので。そこまでで流れを作りたい」と話した。

 雨中の競技には「ラグビーの時よりはいい(笑)。雨の日は嫌ですけど、タックルしなくていいし、パンツも濡れない。すぐ終わるので」とらしさ満点のコメントで笑わせた。福部のほか、青木益未ら実力者との争い。「ヒリヒリする部分もあるし、嫌だなと思う部分もあるけれど、楽しみながらやりたい。皆がいるから自分の良さもダメなところも分かる。そういうところを話せる中なので楽しい」と話した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集