[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

29戦無敗の現役ボクシング世界王者が拘置所行き 米報道、無免許でひき逃げ→命令に違反

ボクシングの世界3階級制覇王者で現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)が、拘置所に送られたと米メディアが報じた。ひき逃げで7年の懲役刑を受ける可能性もある中、今回は命じられていた自宅軟禁を期間中に破ったという。

現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】
現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】

ガーボンタ・デービスが拘置所へ

 ボクシングの世界3階級制覇王者で現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)が、拘置所に送られたと米メディアが報じた。ひき逃げで7年の懲役刑を受ける可能性もある中、今回は命じられていた自宅軟禁を期間中に破ったという。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 デービスは元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏から直接指導を受けるなど秘蔵っ子として知られる28歳。今年4月には、元WBC世界同級暫定王者ライアン・ガルシア(米国)に強烈な左ボディーを喰らわせて7回KO勝ち。ともに人気を誇る“無敗ボクサー対決”をものにし、戦績を29勝(27KO)とした。

 KO率は驚異の93.1%。2020年には4階級制覇王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を左アッパーで失神させる衝撃のKO勝ちを収め、WBAの年間最高KOと年間最高試合の「2冠」に選出されるなど実力を誇るが、体重超過による王座剥奪も経験している他、同年には元交際相手への暴力問題も発覚。逮捕歴もあり、世間を騒がせてきた。

 米メディア「FOXニュース」は「ボクサーのガーボンタ・デービスが自宅軟禁に違反し、ひき逃げの罰の残りを拘置所で受けることになる」との見出しで記事を掲載した。デービスは2020年11月にひき逃げ事件を起こしており、7年の懲役刑の可能性もあると紹介されている。今回は、最近になって90日間の自宅軟禁が命じられたが、これを「1か月も立たないうちに」破ったことで処罰の対象になったという。

 ひき逃げについて記事では「彼は負傷者がいる事故現場に残らず、また戻らなかったことで4つの容疑にかけられた。彼はまた、事故を報告しなかったこと、無効になった免許証で運転したこと、赤信号で停止しなかったことでも告発された」と伝えられている。

 記事では「90日間の残りを拘置所で受けることになる」とデービスが拘置所行きになったとも報道。1日(日本時間2日)に「緊急の聴取」が行われた後、拘束されたという。「彼はまた、200時間の社会奉仕活動を命じられている」「デービスが法的なトラブルに陥るのはこれが初めてではない。このボクサーは2月にニューヨーク市のガレージで駐車場係員をいきなり殴ったとして『複数の負傷』を与えたとして訴えられた」などとも伝えられている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集