[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「高めのストレートを破壊」 13号特大132m弾に米実況興奮「月まで飛んで行けた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。4回の第2打席でセンターオーバーの13号本塁打を放った。カリフォルニア州地元局実況は「高めのストレートを破壊した」「我々がボールの上に乗っていたら、月まで飛んで行けたでしょう」と特大の一発を興奮気味に伝えている。

4回の第2打席でセンターオーバーの13号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
4回の第2打席でセンターオーバーの13号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。4回の第2打席でセンターオーバーの13号本塁打を放った。カリフォルニア州地元局実況は「高めのストレートを破壊した」「我々がボールの上に乗っていたら、月まで飛んで行けたでしょう」と特大の一発を興奮気味に伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 会心の当たりだった。4回の先頭打者として打席に入った大谷。0-2から敵軍右腕ルーカス・ジオリトが投じた高めのフォーシームに反応すると、センターへ大飛球となった。打球はぐんぐん伸び、センターのフェンス軽々とオーバー。飛距離435フィート(約132メートル)、打球速度110マイル(約177キロ)という大谷らしい一発。最近4試合で16打数1安打、第1打席も平凡な中飛に倒れていた中での逆襲の一打だった。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で実況を務めるウェイン・ランダッゾ氏は「ショウヘイが、ここシカゴで月への一発を放った! ショータイムだ!」と伝えると、解説のマーク・グビザ氏も「ショウヘイが13号! 高めへのストレートを破壊しました。変化球には苦戦しているものの、真っ直ぐにはそうでもないようですね!」と完璧な一打を称賛した。

 さらにランダッソ氏は「ボールを消し去るように破壊しましたね」と言うと「我々がボールの上に乗っていたら、月まで飛んで行けたでしょう」と興奮冷めやらぬ様子だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集