[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“日本のカリー”富永啓生がNBAペイサーズのドラフト前練習に参加 公式サイトで発表

米プロバスケットボール(NBA)のペイサーズは29日(日本時間30日)、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生がプレドラフト・ワークアウト(ドラフト前練習)に参加すると公式サイトで発表した。現地時間5月30日にアセンション・セントヴィンセント・センターで開催する。

米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

現地メディアも“日本のカリー”と紹介

 米プロバスケットボール(NBA)のペイサーズは29日(日本時間30日)、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生がプレドラフト・ワークアウト(ドラフト前練習)に参加すると公式サイトで発表した。現地時間5月30日にアセンション・セントヴィンセント・センターで開催する。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 富永が参加するのは、ペイサーズの2度目のワークアウト。2023年ドラフトに備えたもので、アーカンソー大のリッキー・カウンシル4世、セルビア出身のニコラ・デュリシックらとともにプレーを披露する。

 富永は今季、32試合に出場し、1試合平均25.1分の出場で13.1得点をマーク。昨季の5.7得点から飛躍し、得意の3ポイントシュートも40.0%の成功率を残した。2月5日(同6日)のペンシルベニア州立大で30得点を記録するなど、現地メディアから“日本のカリー”などと称され話題に。ツイッターでステフィン・カリー本人も「最高だぞ、ケイセイ!」と反応していた。

 富永は2023年のNBAドラフトにアーリーエントリーしている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集