[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「今季No.1の直球」と米記者称賛 最速163km剛腕炸裂で6回10奪三振の快投

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地マーリンズ戦に「3番・投手」で先発。6回まで6安打2失点10奪三振とし、この日は直球が冴えた。米記者は「今季最も効果的なフォーシームかもしれない」と伝えた。

本拠地マーリンズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
本拠地マーリンズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「3番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地マーリンズ戦に「3番・投手」で先発。6回まで6安打2失点10奪三振とし、この日は直球が冴えた。米記者は「今季最も効果的なフォーシームかもしれない」と伝えた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は1-1の4回1死走者なしでグリエルに外角高めの97マイル(約156キロ)の直球で空振り三振。2死一塁からバーティに98マイル(約158キロ)で見逃し三振を奪ってみせた。5回にはこの日最速の101マイル(約163キロ)も計測。剛腕が唸りを上げた。

 MLB公式のブレント・マグワイア記者は、ツイッターに大谷の直球動画を公開し「これはショウヘイ・オオタニの今季最も効果的なフォーシームかもしれない。21球中13球は空振りか見逃しストライクという結果になっている」と称賛。その後、6回までに34球中15球となった。

 今季はスイーパーを多投する場面が目立っていただけに、直球で押していく内容が脚光を浴びているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集