[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地実況席も絶句させた衝撃12号 高さ114cm悪球打ちに「ゾーンの上です。凄いな…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レッドソックス戦に「3番・DH」で出場し、4試合ぶりの12号ソロを含む4打数1安打1打点。7-3で勝ったチームの4連勝に貢献した。3回の第2打席で放った高さ3.74フィート(約114センチ)という悪球打ち弾に、敵地実況席は「ストライクゾーンの上でしたか。凄いな……」と驚きを隠せない様子だった。

レッドソックス戦、3回に今季12号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦、3回に今季12号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッドソックス戦で12号ソロ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レッドソックス戦に「3番・DH」で出場し、4試合ぶりの12号ソロを含む4打数1安打1打点。7-3で勝ったチームの4連勝に貢献した。3回の第2打席で放った高さ3.74フィート(約114センチ)という悪球打ち弾に、敵地実況席は「ストライクゾーンの上でしたか。凄いな……」と驚きを隠せない様子だった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 敵地実況席も絶句するしかなかった。4-0リードの3回1死走者なし。大谷はカウント0-1から左腕パクストンが投じた高めのカットボールを強振した。見送ればボールという球だったが、打球は逆方向へグングン伸び、フェンスを越えてエンゼルスタジアム名物の岩山手前へと消えていった。MLB公式サイトのサラ・ラングス記者のツイッターによると、高さ3.74フィート(約114センチ)の本塁打はキャリア2番目、逆方向弾では最も高い悪球打ちだった。

 レッドソックスの試合を中継する米マサチューセッツ州地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」の実況席では、解説者が「制球ミスでした。初球のように低めに落とそうとした変化球が高めに抜けてしまいました」と指摘。「オオタニのような打者が、そもそもオオタニのような打者などほとんどいませんが、打ち返してくる球です。ゾーン高めへの変化球は打ってくるんです」と称賛した。

 大谷がボールを弾き返した瞬間のスロー映像が流れると、「しかもストライクゾーンの上でしたか。凄いな……」と衝撃を受けた様子。「パクストンにとって制球の悪い球になってしまいました」と悔やんでいた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集