[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「曲がり方おかしいやろ」の声 左右逆方向に43cm動く2球、日米驚愕「こりゃ打てん」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6勝目こそ逃したものの6回を2安打1失点、9奪三振の好投を見せ、チームも4-2で勝利した。ツインズ打線に対してキレのある投球を見せたなか、米国の投球分析家はともに43センチ曲がる2つの変化球の合成映像を公開。国内外のファンから「クレイジーだ」「こりゃ、打てんは」「1球目の曲がり方おかしいやろ」など、驚嘆の声が上がっている。

本拠地ツインズ戦で好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地ツインズ戦で好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ツインズ戦で投げた2つの変化球、米投球分析家が合成映像で凄さを解説

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6勝目こそ逃したものの6回を2安打1失点、9奪三振の好投を見せ、チームも4-2で勝利した。ツインズ打線に対してキレのある投球を見せたなか、米国の投球分析家はともに43センチ曲がる2つの変化球の合成映像を公開。国内外のファンから「クレイジーだ」「こりゃ、打てんは」「1球目の曲がり方おかしいやろ」など、驚嘆の声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 右へ左へ大きく曲がる、大谷の2つの変化球の恐ろしさがよく分かる合成映像だ。ツインズの右打者カイル・ファーマーに対する投球の場面。1球目はストライクゾーンの外いっぱいをかすめるようなバックドアのシンカー。ファーマーは手が出ず見送った。2球目は逆に、外角へと大きく逃げていくスイーパーに思わずバットが出てしまい、スイングを取られている。

「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が「ゾーンからかなり外れたスイーパーを振ってしまう理由」として合成映像をツイッターに投稿。「ショウヘイ・オオタニ、95マイル(約152.9キロ)のシンカー(17インチ=約43.2センチの変化)と83マイル(約133.6キロ)のスイーパー(17インチの変化)、それぞれの球+オーバーレイ」と曲がり幅とともに伝えると、海外ファンからは「オーマイガー」「なんてこった」「これはクレイジーだ」「魔法」「このシンカーはえげつない。スイーパーがそれでとてもよく引き立っている」などと驚きの声が上がった。

 またこの投稿には日本人ファンも「この組み合わせは最強ですね」「こりゃ、打てんはwww」「すんんごいシンカー」「投げていて面白いだろーなー」「1球目の曲がり方おかしいやろ」「絶対バット届かんやろそこw」などと反応。外角に大きく外れる大谷のスイーパーに、思わず打者のバットが出てしまう理由に納得の様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集