[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、サイクル逃すも記録ラッシュ 59年ぶり、MLB史上初、名投手に次ぐ2番目…試合中に続々

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。投手としては3被弾するなど7回4安打5失点も、打っては二塁打が出ていればサイクル安打という大活躍。飛距離139mの衝撃的な3ランを放つなど5打数4安打3打点だった。チームが9-5で勝ち、大谷も5勝目をマーク。サイクル安打こそ逃したが、この試合でも歴史を掘り起こす記録ラッシュとなっていた。

9回の打席で左前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
9回の打席で左前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」の二刀流で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。投手としては3被弾するなど7回4安打5失点も、打っては二塁打が出ていればサイクル安打という大活躍。飛距離139mの衝撃的な3ランを放つなど5打数4安打3打点だった。チームが9-5で勝ち、大谷も5勝目をマーク。サイクル安打こそ逃したが、この試合でも歴史を掘り起こす記録ラッシュとなっていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 序盤に2本の2ランを浴びるなど、投手・大谷は苦しい展開。その雰囲気を一振りで一変したのが打者・大谷だ。4-4の同点で迎えた4回1死一、三塁の第3打席、相手先発ロドリゲスの初球カーブを強振。もの凄い飛距離456フィート(約139メートル)、打球速度114.6マイル(約184.4キロ)の特大3ランを右翼席後方へ打ち込み、悠々とダイヤモンドを一周した。

 この一撃はMLB公式のサラ・ラングス記者がツイッターで伝えたところによると、スタットキャストが導入された2015年以降で投手が放った本塁打としては史上2番目の飛距離だったという(大谷が登板していない時は除外)。投手としての最長飛距離HRは2017年7月5日、ジョン・グレイが記録した467フィート(142.34メートル)。飛距離が出やすいクアーズフィールドで放っていると伝えられている。

 さらに大谷は5回に三塁打を放ってサイクルに王手。米スポーツ専門局「ESPNスタッツ&インフォ」のツイッターは「ショウヘイ・オオタニが先発投手として出場した試合で3安打を記録するのは今季3度目。球団拡張時代(1961年以降)ではこれはシーズン最多タイ」と伝えた。過去には2008年のカルロス・ザンブラーノら3人がマークしているという。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは「オオタニは今夜、1試合で本塁打、三塁打、単打を打ち、四球を選んだ両リーグ初の投手になった!」と“史上初”の快挙も速報。大谷は9回、快挙はならなかったものの左前打でこの試合5度目の出塁を果たし、ラングス記者は「1試合で投手が5回出塁」したのが1964年9月26日のヤンキースのメル・ストットルマイヤー以来、59年ぶりであることなどを伝えた。

 投手としては5失点だった大谷だが、「ESPNスタッツ&インフォ」のツイッターでは大谷がこの試合でMLB通算400イニングに到達したことを伝え「大谷は、先発投手として最初の400イニングで500奪三振を記録したMLB史上4人目の投手。コービン・バーンズ、ディラン・シーズ、ホセ・フェルナンデスに加わる。オオタニは509三振を記録しており、この中で2番目(バーンズ――539)」とも報じていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集