[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手としてMLB史上2位の超特大弾 飛距離139m、ボルチモアの観客も騒然

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放った。飛距離456フィート(約138.98メートル)の特大の一発だった。MLB記者によると、投手として放った本塁打では史上2位の飛距離だった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

オリオールズ戦に「3番・投手」の二刀流で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放った。飛距離456フィート(約138.98メートル)の特大の一発だった。MLB記者によると、投手として放った本塁打では史上2位の飛距離だった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ボルチモアに集ったファンも唖然とするしかなかった。4-4の同点で迎えた4回、大谷の第3打席だ。1死一、二塁から、相手先発ロドリゲスの初球カーブをかっ飛ばした。もの凄い打球は右中間席へ一直線。打った瞬間にそれと分かる勝ち越し3ランで、場内は騒然となった。投手としては2被弾しながらも、自らのバットで取り返した。

 MLB公式のサラ・ラングス記者がツイッターで伝えたところによると、大谷の飛距離456フィートは、スタットキャストが導入された2015年以降で投手が放った本塁打としては史上2番目の飛距離だったという(大谷が登板していない時は除外)。投手としての最長飛距離HRは2017年7月5日、ジョン・グレイが記録した467フィート(142.34メートル)。飛距離が出やすいクアーズフィールドで放っていると伝えられている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集