[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス、2試合連続2桁失点大敗 ブルペン崩壊に米記者皮肉「失点しなかった唯一の投手は…」

米大リーグ・エンゼルスは7日(日本時間8日)に行われた本拠地レンジャーズ戦で8-16と大敗した。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は3打数2安打1打点をマークしたものの、投手陣が打ち込まれて2試合連続の2桁失点。2試合連続での“野手登板”という事態に米記者からは呆れた様子で投手陣の崩壊ぶりを皮肉られるありさまだ。

9回のマウンドに登板したエンゼルスのジェイク・ラム【写真:Getty Images】
9回のマウンドに登板したエンゼルスのジェイク・ラム【写真:Getty Images】

レンジャーズとの3連戦で30失点

 米大リーグ・エンゼルスは7日(日本時間8日)に行われた本拠地レンジャーズ戦で8-16と大敗した。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は3打数2安打1打点をマークしたものの、投手陣が打ち込まれて2試合連続の2桁失点。2試合連続での“野手登板”という事態に米記者からは呆れた様子で投手陣の崩壊ぶりを皮肉られるありさまだ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 試合にならなかった。初回にレンドンの今季1号3ランで先制しながらも、先発左腕スアレスが打ち込まれ、負傷もあって2回2/3を被安打6の7失点で降板。2番手のシルセスも6失点、3番手のデベンスキーも3失点という散々な内容に、カリフォルニア地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターに「ブレット・フィリップスは2日で2度目の登板をすることになるかもしれない。これは醜い。エンゼルスは7回で7-16でリードを許している」と呆れ気味につづった。

 1-10と大敗した前日は9回2死からブレット・フィリップス外野手が登板。この日はフィリップスではなかったものの、9回のマウンドにはジェイク・ラム内野手が上がった。先頭打者に二塁打を浴びたものの後続は打ち取り、無失点。これにはフレッチャー記者もこんな皮肉交じりのツイートをしている。

「レンジャーズ 16-8 エンゼルス」
「スアレス:2回1/3、7失点(負傷交代)」
「ラム:失点しなかったエンゼルスの唯一の投手」
「レンドン:本塁打(1号)、2四球、4打点」
「レンフロー:本塁打(8号)、満塁で2度凡退」
「エンゼルスは19勝16敗、まだ勝率5割以上のチーム相手にはシリーズ勝ち越ししていない」

 レンジャーズとのア・リーグ西地区首位攻防3連戦でエンゼルスは1勝2敗と負け越し。3試合で失点30という内容だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集