[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスに大逆転負けレ軍に厳しい論調 地元紙「2週間で救援6度崩壊」番記者「酷い2イニング」

米大リーグのエンゼルスは5日(日本時間6日)、本拠地レンジャーズ戦に延長10回5-4でサヨナラ勝ち。最大4点差、9回2死から3点差を追いつき、最後は大谷翔平投手の進塁打から“サヨナラ暴投”という意外な形で今季最長5連勝を飾った。首位攻防3連戦の第1戦に勝利。一方、屈辱的な形で敗れたレンジャーズの地元メディアや番記者からは「あまりにも酷い最後の2イニングだった」と手厳しい声が聞かれた。

サヨナラ勝ちで沸き立つエンゼルス選手たち【写真:Getty Images】
サヨナラ勝ちで沸き立つエンゼルス選手たち【写真:Getty Images】

首位攻防初戦はエンゼルスがサヨナラ勝ち

 米大リーグのエンゼルスは5日(日本時間6日)、本拠地レンジャーズ戦に延長10回5-4でサヨナラ勝ち。最大4点差、9回2死から3点差を追いつき、最後は大谷翔平投手の進塁打から“サヨナラ暴投”という意外な形で今季最長5連勝を飾った。首位攻防3連戦の第1戦に勝利。一方、屈辱的な形で敗れたレンジャーズの地元メディアや番記者からは「あまりにも酷い最後の2イニングだった」と手厳しい声が聞かれた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 首位レンジャーズが手痛い形で首位攻防初戦を落とした。8回までに4点リードしながら、8回に3番手ヘルナンデスが1点を失うと、9回に登板した4番手スミスは9回2死から2点二塁打とタイムリーを浴びて同点に。無死二塁から始まるタイブレイク制の延長10回表は無得点に終わると、その裏はトラウト敬遠、大谷進塁打で1死一、三塁とされた。打者レンドンの場面で送ったスボールズの初球が暴投に。捕手ハイムの捕球も甘く、まさかのサヨナラ負けとなった。

 5月とはいえ、2位との直接対決で4点差逆転負け。米テキサス州地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「レンジャーズのブルペンがまたもや終盤でリードを台無しにしてエンゼルスに延長の末敗戦」と辛辣な見出しでブルペン陣に奮起を促した。「ここ2週間で6度目のブルペン崩壊」「先発の出来を考えれば、特に不満の溜まるものだった」と苛立ちを隠さず、厳しい論調で掲載した。

 MLB公式サイトのレンジャーズ番ケネディ・ランドリー記者も、自身のツイッターで「スボールズがこの試合で投げた唯一の球だった。これは……全ての側面において、あまりにも酷い最後の2イニングだった」と登板わずか1球で終わった救援投手も含め、厳しく指摘した。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集