[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚、15試合連続安打で驚異の直近5戦打率.526! 米記者絶賛「これ以上ないほど絶好調だ」

米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が5日(日本時間6日)、敵地フィリーズ戦に「2番・左翼」で先発出場し、3回の第2打席に右前打。今季メジャー単独トップの連続試合安打を「15」に伸ばし、米記者からも賛辞の声が上がっている。

レッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】
レッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】

今季メジャー単独トップの15試合連続安打

 米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が5日(日本時間6日)、敵地フィリーズ戦に「2番・左翼」で先発出場し、3回の第2打席に右前打。今季メジャー単独トップの連続試合安打を「15」に伸ばし、米記者からも賛辞の声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 吉田が今日も元気にヒットを放った。1-0でリードした3回無死一塁、右腕ウィーラーの内角高め速球を思い切り引っ張り、一二塁間を抜いた。これで連続試合安打を「15」に伸ばし、この時点で打率を.321まで上昇。直近5試合(19打数10安打)の打率は驚異の.526となった。後続も続き、吉田は3点目のホームも踏んだ。

 天性のバットコントロールの評価は高まるばかり。ツイッター上では、米ニューヨーク州地元局「WPTZ」のレポーターのジャック・メイン氏が「ヨシダが96マイル(約154キロ)を引っ張って安打。連続安打記録を15に伸ばした。これ以上ないほど絶好調だ」、MLB公式サイトのレッドソックス番イアン・ブラウン記者が「ヨシダが15試合連続安打。彼の憧れであるブライス・ハーパーが反対のベンチで見る中、ライトへ弾き返した」と称賛した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集