[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚の6号&3安打&3打点の大暴れに米大絶賛「絶好調だ」「ヨシダの安打は永遠に見られる」

米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が4日(日本時間5日)、本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で先発出場。2試合ぶりとなる先制6号を含め、5打数3安打3打点で、今季メジャー単独トップの連続試合安打を14試合に伸ばした。打率は.317に上昇し、チームも11-5で快勝。止まらないマッチョマンに米メディアから「ヨシダの安打は永遠に見ていられる」など称賛の声が相次いだ。

ブルージェイズ戦で1HRを含む3安打3打点だったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】
ブルージェイズ戦で1HRを含む3安打3打点だったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】

14試合連続安打で打率.317まで上昇

 米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が4日(日本時間5日)、本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で先発出場。2試合ぶりとなる先制6号を含め、5打数3安打3打点で、今季メジャー単独トップの連続試合安打を14試合に伸ばした。打率は.317に上昇し、チームも11-5で快勝。止まらないマッチョマンに米メディアから「ヨシダの安打は永遠に見ていられる」など称賛の声が相次いだ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 吉田のバットから快音が止まらない。初回1死、ガウスマンの初球のフォーシームをとらえると、打球はライトのブルペンに飛び込む6号先制ソロ。打球速度101.6マイル(約163.5キロ)、飛距離400フィート(約121.9メートル)の一発だった。3-0の2回2死三塁からは右前タイムリー、6-1の4回無死三塁からは左前タイムリーで今季2度目の1試合3安打。打率は.317まで上がった。

 ツイッター上でも試合中から吉田を称賛する声が続々。米マサチューセッツ州ラジオ局「98.5 ザ・スポーツ・ハブ」の制作補佐、タイラー・ミリケン氏は「マサタカ・ヨシダの安打は永遠に見ていられる」とつぶやき、米マサチューセッツ州地元紙「ボストン・グローブ」のアレックス・スパイアー記者も「ヨシダがセンターのレッドソックスのブルペンへまたも本塁打。今季6本塁打で連続試合安打も14に伸ばした。絶好調だ」と絶賛した。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集