[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚、菊池雄星撃ちの5号HR 120m豪快弾の12試合連続安打に米脱帽「地球上で最もホットな打者」

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は2日(日本時間3日)の本拠地ブルージェイズ戦に先発し、4回の第2打席でブルージェイズ先発の菊池雄星投手から右中間に5試合ぶりの5号ソロを放った。これで継続中の打者では今季メジャートップの12試合連続安打。絶好調ぶりにツイッター上の米記者からは「地球上最もホットな打者」といった称賛の声が上がっている。

ブルージェイズ先発の菊池雄星から本塁打を放ったレッドソックス吉田正尚【写真:Getty Images】
ブルージェイズ先発の菊池雄星から本塁打を放ったレッドソックス吉田正尚【写真:Getty Images】

ブルージェイズ戦に「6番・左翼」で出場

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は2日(日本時間3日)の本拠地ブルージェイズ戦に先発し、4回の第2打席でブルージェイズ先発の菊池雄星投手から右中間に5試合ぶりの5号ソロを放った。これで継続中の打者では今季メジャートップの12試合連続安打。絶好調ぶりにツイッター上の米記者からは「地球上最もホットな打者」といった称賛の声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 鋭く振り抜いた。2-0とリードして迎えた4回の第2打席、3-1から菊池が投じた5球目の95マイル(約153キロ)のストレートに反応すると、打球は右中間スタンドへ飛び込んだ。打球速度103.1マイル(約165.9キロ)、飛距離は392フィート(約119.5メートル)の一撃。淡々とした表情の菊池を尻目に、12試合連続安打をマークした吉田は悠然とダイヤモンドを1周した。

 ツイッター上の米記者もすぐに反応。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者は「マサタカ・ヨシダは本気で地球上最もホットな打者の1人だ」と称し、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「マサタカ・ヨシダがユウセイ・キクチからホームラン」と伝えた。

 マサチューセッツ州ラジオ局「98.5 ザ・スポーツ・ハブ」の制作補佐、タイラー・ミリケン氏は「オフシーズン中ずっとマサタカ・ヨシダのパワーがMLBでも通用するか話していたのを覚えている?」とつづった後に「ええと、彼は今25試合出場で5本のホームランを打っている」「私たちは答えを得た」と続け、吉田の活躍を称えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集