[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷田成吾氏が関西独立リーグ専務理事に就任「野球を通して夢の叶う場所づくりにチャレンジ」

野球の独立リーグ・さわかみ関西独立リーグは1日付で専務理事に谷田成吾氏が就任したことを2日、発表した。

谷田成吾氏
谷田成吾氏

現役時代は高校・大学・社会人で日本代表、今年1月まで徳島球団代表を3年間務めた

 野球の独立リーグ・さわかみ関西独立リーグは1日付で専務理事に谷田成吾氏が就任したことを2日、発表した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 29歳の谷田氏は現役時代、「高橋由伸2世」の異名を取ったスラッガーで、慶応高、慶大、JX-ENEOSでプレー。高校、大学、社会人いずれのカテゴリーでも日本代表を経験した。四国アイランドリーグの徳島に在籍していた2018年限りで引退。翌2019年12月に徳島の取締役球団代表に就任した。10年連続NPBドラフト指名選手を輩出するなどチーム強化に努めたほか、スポンサー獲得の営業活動、SNSなどを駆使したファン層の拡大に尽力。今年1月で退任していた。

 現在は2つの企業で代表取締役を務めている谷田氏。今度は関西に拠点を移し、関西独立リーグのNo.2として普及・発展に取り組む。

 就任に際し、谷田氏は「この度、さわかみ関西独立リーグの専務理事に就任できましたこと、大変嬉しく、そして身の引き締まる思いです。さわかみ関西独立リーグを応援してくださる皆様と共に歩み、プロスポーツとしての野球を通して、地域づくりや人材育成、そして夢の叶う場所づくりにチャレンジして参ります」とコメント。「将来的には関西を中心として、世界から関西に夢が集まる最高峰のリーグを作り上げたいと思っています」と抱負を語った。

 関西独立リーグは2014年に発足し、現在は兵庫ブレイバーズ(兵庫・三田)、大阪ゼロロクブルズ(大阪・東大阪)、和歌山ウェイブス(和歌山・田辺)、堺シュライクス(大阪・堺)、淡路島ウォリアーズ(兵庫・淡路)の5球団で運営されている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集