[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希にロッテお菓子を貰ったチェコ選手、お気に入りは「中にチョコ詰まった…」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本の14年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。1次ラウンドで日本と対戦したチェコ代表のウィリー・エスカラ外野手は、日本で受けた声援について「とても優しかった」と振り返った。「予想していなかった」という佐々木朗希投手(ロッテ)との交流や、もらったお菓子の行方についても母校マイアミ大のインタビューで言及している。

チェコ代表のウィリー・エスカラ(右)【写真:Getty Images】
チェコ代表のウィリー・エスカラ(右)【写真:Getty Images】

佐々木から死球を受けたチェコ代表のエスカラが母校のインタビューでWBCを回顧

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本の14年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。1次ラウンドで日本と対戦したチェコ代表のウィリー・エスカラ外野手は、日本で受けた声援について「とても優しかった」と振り返った。「予想していなかった」という佐々木朗希投手(ロッテ)との交流や、もらったお菓子の行方についても母校マイアミ大のインタビューで言及している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 キューバ人の父とチェコ人の母の間に生まれた22歳のエスカラは、昨季までNCAA(全米大学体育協会)1部に所属する米オハイオ州のマイアミ大でプレー。同大公式メディアは「『信じられない経験だった』エスカラがWBCでチェコを代表する」と題するインタビュー記事を掲載した。

 3月11日の日本戦では、先発の佐々木が投じた162キロの速球が左膝に当たり死球に。痛みでしばらくうずくまったが、立ち上がって一塁に向かい、軽くダッシュして無事をアピールした。そのまま試合に出場し続けると観客席からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。エスカラは当時を回顧する。

「コーチは普段ああいうことが起こると交代させたがるものです。私はまだ試合に出られるぞと彼らに示したかった。ファンから受けた声援は、特にただ立ち上がっただけで受けたものは素敵なものでした。あんなことは経験がありません」

 さらに次の回に左翼の守備に就くときにはスタンドのファンから心配されたそうで、「ファンがみんな手を振って大丈夫かと聞いてくれました。とても優しかったです」と日本のファンから受けた温かい対応を感慨深げに振り返った。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集