[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、ジム先輩の引退・村田諒太に敬意「37歳で最強の相手と戦うのは夢がある」

ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。会見で花束贈呈に参加したジム後輩の那須川天心は、取材に応じ「37歳で最強の相手と戦うは夢がある」と明かした。

会見で花束贈呈に参加した那須川天心と撮影に応じる村田諒太(右)【写真:荒川祐史】
会見で花束贈呈に参加した那須川天心と撮影に応じる村田諒太(右)【写真:荒川祐史】

ボクシングの村田諒太が会見、那須川天心らが花束贈呈

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。会見で花束贈呈に参加したジム後輩の那須川天心は、取材に応じ「37歳で最強の相手と戦うは夢がある」と明かした。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 村田の門出に多くの人が集まった。報道陣はスポンサー関係者も多数出席。南京都高(現・京都廣学館高)に後輩たち、先輩、恩師、中学時代の担任、井上尚弥、プロモート契約を結んだトップランク社のボブ・アラムCEO、WBAのヒルベルト・メンドーサJr.会長らの労いのメッセージビデオが流された。

 花束贈呈は、かつてフィジカル面で指導を受けたスポーツ庁長官の室伏広治氏から始まり、ジム先輩の山中慎介氏も登場。その中で一番最後に登壇したのが那須川だった。村田の試合は2013年8月のプロデビュー戦もテレビ観戦。アッサン・エンダム(フランス)への世界初挑戦、初の世界王座奪取の2試合、ゴロフキン戦は現地観戦したという。

「村田さんの試合はボクシングに興味がない人も見に行って応援する印象。辞めるのは悲しい部分もありますが、自分もそういう存在にならないといけない。今は帝拳ジムに世界チャンピオンがいない。その辺の覚悟はあります。(バトンを)受け渡されたわけではないと思うけど、そんな気持ちです」

 ジムでは練習中にアドバイスをもらった間柄。ステップワークやパンチの体重の乗せ方など、ボクシング独自の技術を聞き、「的確で芯を食うものだった」と感謝した。村田の引退会見を目の当たりに。「ボクシング界の一つの大きな歴史が幕を閉じたんだなと思う」と格闘技ファンの顔をのぞかせ、「僕もずっとできるわけではない。37歳で世界チャンピオンとして、最強の相手と戦ったのは夢がある」と先輩に敬意を払った。

 自身は4月8日に東京・有明アリーナで与那覇勇気(真正)とのプロデビュー戦を控える。「自分は誰みたいになりたいとかはない。二番煎じは好きではないので。自分のスタイルで伝えていきたい」と帝拳ジムの魂を持ちつづも、独自の風を吹かせることを誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集