[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退・村田諒太、今後は「勉強中」 プロモーター業は否定、指導者も「僕じゃない」

ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。注目される今後の活動については広い視野で可能性を探りながら、「勉強中」とした。

都内の会見に出席し、コメントする村田諒太【写真:荒川祐史】
都内の会見に出席し、コメントする村田諒太【写真:荒川祐史】

ボクシングの村田諒太が会見

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。注目される今後の活動については広い視野で可能性を探りながら、「勉強中」とした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 村田が現役最後の会見に臨んだ。テレビカメラ13台、スポンサー関係者も駆け付けた会場。五輪金メダルの瞬間やプロデビューから現在までの軌跡を振り返るハイライト映像が流れた後、凛々しいスーツ姿で登壇した。花束に囲まれながら引退理由を説明した。

「もともと(試合前から)ゴロフキン戦が最後だと思っていた。引退以外の選択肢はなかった。心が迷うところあったし、もっとこうすれば、ああすればよかったというのがあったので、なかなか決断はできなかったけど、これ以上ボクシング界にできることがあまり見つからなかった。

 欲を出せば今まで以上に稼げたけど、それ以上のものが自分の中で見つけられなかった。それ以上のものがなくなってしまった。欲を求めてしまうんじゃないか、執着をしてしまうんじゃないかと思ったのが最大の引退理由だと思います」

 今後については「自分が得たものをどうやって皆様に還元するか。知識や経験。これから先の未来を待っている子どもたち、日本全体、社会にどんなものをつくれるのか。それが僕に課せられた仕事」と説明。会見後にも取材に応じ、ゴロフキン戦以降は1日3~4時間、英語を勉強したり、社会人として今後の「基礎づくり」をしていたという。

「英語以外は一般的な勉強です。英語もそういったところの一つ。真剣にやっていましたが、やればやるほどまだまだだとわかる」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集