[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

号泣の松田瑞生「自分の弱さ。世界の壁を痛感」 日本人トップ6位も悔しさ露わ【東京マラソン】

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、昨年7月のオレゴン世界陸上代表・松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分44秒で日本人トップの6位だった。目標にしていた日本記録には及ばず、レース後に号泣。すでに24年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権は獲得している。会見では悔しさを露わにしながら「これかれも挑戦する姿を」と前を向いた。

東京マラソンの会見に出席した松田瑞生【写真:浜田洋平】
東京マラソンの会見に出席した松田瑞生【写真:浜田洋平】

東京マラソン

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、昨年7月のオレゴン世界陸上代表・松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分44秒で日本人トップの6位だった。目標にしていた日本記録には及ばず、レース後に号泣。すでに24年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権は獲得している。会見では悔しさを露わにしながら「これかれも挑戦する姿を」と前を向いた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 松田はまたも涙に暮れた。先頭集団は15キロ地点を2時間16分台の高速レース。松田は34秒差をつけられながらも、全体7番手の日本記録ペースを守った。20キロも記録更新ペース。テレビ中継で解説をした野口みずきさんも「ハラハラします~!」と興奮気味だった。しかし、中間点はペースを守れず。30キロ地点は1時間40分03秒とし、フィニッシュ目安は2時間20分台まで遅れた。

 05年に野口さんが叩き出した2時間19分12秒の日本記録更新はお預け。22年1月の大阪国際女子でマークした自己ベストにも52秒及ばなかった。レース後はタオルで顔を覆いながら号泣。ダイハツの山中美和子監督に肩を抱かれた。

 27歳の松田はオレゴン世界陸上に出場。一山麻緒、新谷仁美が大会直前にコロナ陽性で欠場したため、たった一人の日本代表として力走した。結果は惜しくも9位で入賞に1つ届かず。レース後は大粒の悔し涙を流した、今回が世界陸上以来のマラソンだった。

 MGCの前に8月のブダペスト世界陸上も出場する意向。会見では涙はなく、落ち着いた様子で悔しいレースを振り返った。主な一問一答は以下の通り。

――総括を。

「今回は挑戦をテーマにしてスタートラインに立ちました。ハイペースになったけど、それを経験できてよかった。ただ、15キロまでにいっぱいいっぱいになった。ハイペースに乗れなかったのは自分の弱さ。世界の壁を痛感させられた。次に繋げたいので、また挑戦を続けたい」

――どのタイミングが一番苦しかったか。

「15キロできつくて、ペイサーが早いので、一人で押していけたらと思っていた。その後は少し落ち着いたけど、男性(競技者)が近くにいたので、その人たちと走ったけど、後ろにつかれてしまい、前を走る人がいてくれなかった。昨年の世界陸上もそうでしたが、一人で走るのは厳しいなと思いました。スピード持久力は今後もやっていかないといけない」

――世界と比べて足りないもの、ここだけは負けないと思うところは。

「私の中での日本記録は世界と戦えるラインだと思い描いています。だからこそ、日本記録を更新したい。でも、やっぱり世界は走れば走るほど高い壁だと痛感します。今日の結果も、世界陸上の結果も、今の自分はまだまだ足りない。全然歯が立たないので、地道に今の努力を続けることで何かが残せると思う。なので、これからも挑戦する姿を見せられたらと思います」

――日本記録を狙って準備をしてきたが、練習はどんな形だったのか。

「正直に言うと、内容に納得するものもあれば納得していないものもある。昨年の世界陸上の時は(故障で)最後に練習を中断してできなかったけど、今回は最後までこなすことができた」

――自身にとって日本記録とは。

「今まで2時間19分台、日本記録を出した選手は本当に心も、体も強かったんだと思う。それだけの努力をしないといけない。今日のレース後に野口みずきさんにお会いできて『みずきの記録はみずきが切ってよ!』と真顔で言われました。『私が日本記録を出した時にやっていた練習を伝授するから』って。凄く嬉しいです。頑張ります」

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集