[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCで「大谷に当てる」発言した韓国代表投手が釈明「あまりに弱点がなさそうなので…」

8日に開幕する野球のワールド・ベースボール・クラシックで1次ラウンドで日本と対戦する韓国代表のコ・ウソク投手が、侍ジャパンの大谷翔平投手(エンゼルス)に“当てる”発言を釈明。「驚異的で勇気を与えてくれる選手だ」などと語ったという。韓国メディアが報じた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

韓国代表コ・ウソク、批判を浴びた1月の発言の真意を説明

 8日に開幕する野球のワールド・ベースボール・クラシックで1次ラウンドで日本と対戦する韓国代表のコ・ウソク投手が、侍ジャパンの大谷翔平投手(エンゼルス)に“当てる”発言を釈明。「驚異的で勇気を与えてくれる選手だ」などと語ったという。韓国メディアが報じた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 記事によると、抑え投手のコは1月に代表合流した際、「大谷と真っ向勝負がしたい。どうしても投げるところがなければ痛くないところに当てる」と発言。記事では、これについて「ビーンボール(危険球)を投げる」と発言したと誤解された」と記し、スポーツマンシップに反するとの批判を受けたという。

 27日に米アリゾナの代表合宿で取材に応じたコは、発言について問われ「当時(1月)、大会までだいぶ時間があり、どう相手すればいいのかをまだ考えていない状態だった。そのため真ん中に投げ、力と力で戦ってみたい。そのように投げた時に、ホームランを打たれるのか気になる」「あまりにもレベルの高い打者で弱点がなさそうだったので、どうしても投げるところがなければ、痛くないお尻に遅いボールを投げると言った」と話したという。

 さらに「しかし、本来の私は違う。そのように学んだわけでもないし、投げるところがないからといって、わざと当てようと思ったこともない」と真意を説明。「ただ、自分自身の発言だったため、釈明することはしなかった。 自分の立ち位置を考えずに言葉を発してしまったように思う。大谷のプレーを見すぎていて、近い存在のように思っていた。(同僚のイ・)ジョンフンや(キム・)ヘソンを相手に話すように軽く話してしまった」と反省したという。

 コは大谷へのリスペクトも示した。続けて「野球選手なら誰でも大谷に驚異を感じる。心の中で応援している。いつまでも限界に挑戦して勝ち抜く姿がすごい。同じスポーツ選手として勇気をもらっている。自分も大谷のように二刀流ををする、という話ではないが、野球をしていると自分にとっての限界がやってくるが、それを破っていく姿はカッコいい」と述べ、「それでも同じ選手としては、勝ちたいのが当然だ」と選手として純粋に対戦を待ち望んだ。

 最後に、コは「大谷をどのように打ち取るかは、自分の心の中にある。 練習は終わり、ここからは実戦。上手くやりたい。それでも誤解については、解きたい」と自らの言葉を正し、釈明もしたという。日本は1次ラウンド第2戦(東京ドーム)の10日に韓国と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集