[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“カリー級”評価の日本人、7度目20点超え富永に米識者絶賛「凄まじい」「3月の顔に」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は28日(日本時間3月1日)、ミシガン州立大との一戦で20得点をマーク。試合は67-80で敗れたものの、存在感を放った。3ポイントは8本中4本成功。止まらない活躍ぶりに、米識者からは「凄まじい」「見ていて楽しすぎる」といった声が上がっている。

米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

ミシガン州立大戦で20得点

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は28日(日本時間3月1日)、ミシガン州立大との一戦で20得点をマーク。試合は67-80で敗れたものの、存在感を放った。3ポイントは8本中4本成功。止まらない活躍ぶりに、米識者からは「凄まじい」「見ていて楽しすぎる」といった声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 確信のショットだった。ネブラスカ大が52-45とリードして迎えた後半残り14分付近、パスを受けた富永は相手のマークをワンフェイントで外すと、3ポイントラインの外からシュート。自信があったのか、ボールから一度目線を切った。見事リングを射抜くと、大歓声のスタンドとは裏腹に静かに喜びを示した。

 試合は敗れたものの、今季7度目の20点超え。活躍に米識者はツイッターで次々と反応した。米スポーツメディア「バーストゥール・スポーツ」などで執筆しているクリス・カステラーニ氏は「NCAAトーナメントに69校目を加え、ネブラスカ大を入れてくれ。そうすればケイセイが3月の顔になれるかもしれない。アメリカに必要なことだ」とつづった。

 米中東部をカバーする地方紙「オマハ・ワールド・ヘラルド」紙のサム・マッコーエン記者は「ネブラスカ大にケイセイのようなシューターがいるのは久しぶりだ。ここ7試合は凄まじい」と直近の7戦で平均21.3得点の活躍を称え、米放送局「CBS」の系列局「WFRV-TV」でスポーツアンカーを務めるマット・レイノルゾン氏は「ケイセイよ、見ていて楽しすぎる」と興奮交じりに投稿していた。

 今季は5戦連続で20得点超えを果たすなど成長を見せる富永。この日はフィールドゴール11本中7本、うち3ポイントは8本中4本成功。フリースロー2本も合わせて今季7度目の20得点で、2ケタ得点は出場8試合連続となった。米メディアに“日本のカリー”と評されることも増え、2月16日(同17日)にはNBAウォリアーズのステフィン・カリー本人もツイッターで「最高だぞ、ケイセイ!」と反応していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集