[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、フルトン戦圧勝なら「PFP最強の立場を確固たるものに」 米メディアが指摘

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)にまつわる「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」について、米専門メディアが注目している。次戦の相手として見込まれているWBC&WBO世界スーパーバンタム級統一王者スティーブン・フルトン(米国)実力差を見せつければ、「PFP最強の立場を確固たるものにする」と指摘した。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥のPFPに米専門メディア注目

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)にまつわる「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」について、米専門メディアが注目している。次戦の相手として見込まれているWBC&WBO世界スーパーバンタム級統一王者スティーブン・フルトン(米国)実力差を見せつければ、「PFP最強の立場を確固たるものにする」と指摘した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 米専門メディア「ボクシングニュース24」は記事を掲載。井上については「現在、最高のPFPファイターと認知されている。記者とファンは常にイノウエを1位か2位に格付けしている」と紹介した。昨年12月にアジア人初、世界9人目の4団体統一を達成。4人の王者から1本ずつベルトを奪った選手はおらず、「4団体全KO奪取」も世界初の大記録だった。

 今年はスーパーバンタム級に転向。初戦はフルトンへの挑戦が見込まれている。世界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」のPFPで2位につけるモンスター。ボクシングニュース24は「もしもイノウエがフルトンを堂々と倒した場合、彼はPFP最強ファイターの一人という立場を確固たるものにするだろう」と期待を寄せている。

 一方、記事内では「PFPは非常に主観的で偏ったランキングシステムだ」と記載。WBC世界ミドル級王者ジャーモール・チャーロ、WBC世界スーパーミドル級暫定王者デビッド・ベナビデス、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(いずれも米国)、元世界3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)について、過去の相手を考慮し「過大評価」としている。

 さらに「過大評価ではない」という選手も紹介。WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス、世界ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー、世界スーパーウェルター級4団体統一王者ジャーメル・チャーロ(いずれも米国)の3人が名を連ねた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集